旅行行こうず!ー国内旅行まとめブログー

旅行に関するスレッドや、都道府県ネタをまとめたブログです。

    青森県

    1: 名無しの旅人 2019/06/07(金) 14:53:11.88 ID:I+0XU7ID9
    「コメダ珈琲店」を運営するコメダ(名古屋市)は6日、青森県で初の店舗となる「コメダ珈琲店 青森イトーヨーカドー店」(青森市)を7日にオープンすると発表した。喫茶店文化が根付く名古屋で創業して50年余りで、最後の空白地だった青森が埋まり全47都道府県に店舗を展開することになる。

    青森イトーヨーカドー店は93席で全席禁煙。近くに国道103号が走り、商業施設が集中している。コメダは「地域住民の生活エリアにも近く、ご利用いただきやすい立地だ」としている。

    コメダ珈琲店は1968年、名古屋市内に1号店を開店した。

    https://www.toonippo.co.jp/articles/-/201745
    no title

    引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1559886791/

    【【朗報】コメダ、創業50年でついに青森初出店 】の続きを読む

    1: 名無しの旅人 2019/05/26(日) 09:24:50.70 ID:iGeV21/u9
    明星食品は6月17日、カップ麺「明星 チャルメラどんぶり 青森スタミナ源たれ にんにく甘旨醤油ラーメン」と汁なしカップ麺「明星 チャルメラ 青森スタミナ源たれ にんにく醤油まぜそば」を発売する。

    「チャルメラ」ブランドとご当地調味料を合わせることで、エリアの味が楽しめる「チャルメラ」シリーズの第2弾として投入する。
    焼肉のたれの需要が高まるこの時期に、青森の焼肉のたれを代表する「スタミナ源たれ」とコラボし、袋麺の「チャルメラ」とは違った味わいを提供する。

    「にんにく甘旨醤油ラーメン」は、しなやかで適度なしまりのある食べやすい細麺を使用。
    スープは、ポークをベースにニンニク、ショウガ、唐辛子をアクセントにした醤油スープに、青森県産のリンゴやニンニク、玉ネギ、ショウガなどの生野菜を使った
    「スタミナ源たれ」を配合したタレとジンジャー香るオイルを合わせた。
    キャベツ、ひき肉、ニンジンをかやくとした。

    「にんにく醤油まぜそば」は、しなやかで食べやすい中細麺を採用した。
    ソースは「スタミナ源たれ」を配合した、やや甘めの醤油ベースのタレに、ショウガ、ニンニクを利かせたピリッと辛いオイルを加えた。キャベツ、ニラ、なるとを具材にした。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190525-00010001-nissyoku-bus_all
    5/25(土) 20:03配信

    no title

    no title

    no title

    引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1558830290/

    【【青森】ご当地調味料「青森スタミナ源たれ」とチャルメラがコラボ 青森スタミナ源たれ にんにく甘旨醤油ラーメン】の続きを読む

    1: 名無しの旅人 2019/05/02(木) 19:42:53.11 ID:i/LpBcJV9
    ねぶたのにらみで眠れぬ客室 青森のホテル、祭りがテーマ

    眠りたいのに、眠れない部屋―。
    星野リゾート青森屋(青森県三沢市)は4月17日、ねぶたの鋭いにらみと迫力で“寝かせない客室”青森ねぶたの間をオープンした。1泊1人3万2千円から。

    部屋のテーマは青森ねぶた祭。リビングに幅約3.2m、高さ約1.4mの立体ねぶたを設置したほか、寝室の天井やトイレのふたにも絵を描き込み、祭りさながらの熱気を感じられる空間にした。作品はねぶた師の竹浪比呂央さんを中心に制作し、東北地方で語り継がれる英雄アテルイなどを題材とした。

    仕掛けも施され、廊下には祭りの踊り手「ハネト」の足跡が。足跡の上を進むと、ハネト気分が味わえる。


    一般社団法人共同通信社(2019/5/2 16:20)
    https://this.kiji.is/496580354720760929?c=39546741839462401

    星野リゾート青森屋の「青森ねぶたの間」=青森県三沢市
    no title

    引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1556793773/

    【【青森】星野リゾート、1泊3万2千円で眠れない部屋があるホテルを作っちゃいました】の続きを読む

    このページのトップヘ