旅行行こうず!ー国内旅行まとめブログー

旅行に関するスレッドや、都道府県ネタをまとめたブログです。

    北海道

    1: 名無しの旅人 2019/09/02(月) 17:32:51.15 ID:CjEde7tY9
    「丸亀 公式オンラインショップ」より
    no title


    どの角度から見ても間違いなく“鮭”――。その名もズバリ「丸亀オリジナル 鮭バッグ」(1728円)は、インパクト抜群のビジュアルを備えた正真正銘のポーチだ。

    鮭バッグを販売する丸亀は、北海道札幌市に本店がある老舗の塩蔵鮭加工・販売会社。いくらの油漬けや鮭の切身といった食品が有名で、大丸札幌店や新千歳空港内にも出店している。

    そんな丸亀から登場した鮭バッグは、尖った口の先端や黒い斑点交じりの模様など鮭の持つディテールを細かく再現。また、腹部にファスナーがついているのも、鮭の加工に精通した老舗だからこそのこだわりだろう。

    こだま猫
    @kodamaneko
    新千歳空港でみつけた鮭バッグ!道外からRSR遠征してくる蝦夷ロッカー達や、なにかとシャケが大好きなルパパト勢におススメ☆
    https://twitter.com/kodamaneko/status/1127945006608670721
    no title

    no title


    持ち手となるヒモが新巻鮭と同じように尾びれの根元で結わえられているのもポイント。ネット上には「ジョークアイテムと思ってたら本当に発売されてて笑った」「このバッグを持って街を歩けと?」「ちょっと待って丸亀さん、一度落ち着こう」といった声や、「こういう遊び心、嫌いじゃない」「北海道の名産アピールとしてこの上ないアイデアですね」「外で使うには抵抗あるけど、部屋で飾る用に欲しい!」との反応も相次いでいる。

    円山本店と新千歳空港店の限定発売だった鮭バッグは、現在オンラインショップでも購入可能。その目で“品質”を確かめてみては?

    (文=編集部)

    Business Journal 2019.08.31
    https://biz-journal.jp/2019/08/post_116010.html

    引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1567413171/

    【【北海道】丸亀「鮭バッグ」にネット騒然…北海道の新名物お土産品に? 「こういう遊び心、嫌いじゃない」「部屋で飾る用に欲しい!」】の続きを読む

    1: 名無しの旅人 2019/08/30(金) 14:11:17.25 ID:rDH9MvdB9
    【福島】町まちづくり工房と清涼飲料水製造販売会社の小原(七飯町)のコラボレーション商品「青の洞窟サイダー」(330ミリリットル入り、200円)が好評だ。発売から6カ月で1万3000本を出荷し、企画した同工房の平野松寿理事は「増産に次ぐ増産。品切れも相次ぎ、予想をはるかに上回る好評です」とうれしい悲鳴を上げている。

    同商品は2月14日に町内限定で発売。
    順次町外に出荷先を拡大し、現在は木古内町の道の駅「みそぎの郷きこない」や知内町の道の駅「しりうち」のほか、道南のコープさっぽろやハセガワストアなどで販売。福島町のふるさと納税でも取り扱っている。

    同工房が6月から運航する「岩部クルーズ」で訪れる“青の洞窟”をイメージした深い青が特徴。
    ラベルは青の洞窟の写真を半透明にし、海の透明感の演出にこだわった。

    知内町のコープさっぽろしりうち店では7月12日の開店当初から特設コーナーで取り扱い、同店では「親戚や友人に送る地元町民も多い。お盆には帰省者らしい方が買い求める姿も目立った」という。

    平野理事は「鮮やかな青で、インスタ映えするのがヒットの要因では」と分析。
    今秋からは道南各所の土産物店にも並ぶ見込みで、近く大手コンビニエンスストアへの出荷も始まる見通し。
    同法人では「福島町、道南の定番土産として定着すれば」と期待している。

    http://www.hokkaido-nl.jp/article/13325
    no title

    引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1567141877/

    【【北海道】青いサイダーが売れまくる!企画した工房「増産に次ぐ増産。予想をはるかに上回る好評です。」「鮮やかな青がインスタ映え」】の続きを読む

    1: 名無しの旅人 2019/08/26(月) 12:50:49.87 ID:LpnVVwx09
    車中泊人気で、夏の観光シーズンには駐車場がいっぱいになる北海道の「道の駅」。
    しかし、一部の利用者によるマナー違反が問題となり、中には駐車場の一部を有料化する動きも出てきています。

    いったいどんなマナー違反があるのか。その実態と対策を探りました。

    ■多機能トイレをホテルのように利用… “マナー向上“を掲示し意識改革を図る
     
    世界自然遺産・知床。手つかずの大自然や、野生動物の姿を求めて、国内外から多くの観光客が訪れます。
    その知床の玄関口にある道の駅「うとろ・シリエトク」は、利用者からの評価が高く、観光情報や道路情報が親切だったと、2018年の北海道「道の駅」ランキングで1位に輝きました。

    8月中旬に利用者のピークを迎え、夜になると車中泊をするドライバーなどで、
    100台以上ある駐車場は連日満車になると言います。

    そんな知床の玄関口「うとろ・シリエトク」ですが、「駐車場でテントを張る」「ゴミの不法投棄」「数週間にわたって車を止めっぱなし」にするなど、これまで一部の利用者によるマナー違反があり、問題視されていました。さらに、こんな事例も…。

    林典幸管理課長:「身体障がい者用のベッドを使って宿泊行為をしていた人や、人工肛門を洗うシャワーで髪を洗ったりしていました」

    車いすなどでも使用できる多機能トイレ。そのベッドを使って寝ていた人がいたというのです。
    さらに、鍵がかかる多機能トイレの個室をまるでホテルのように我が物顔で使う人もいたといいます。

    このようなマナー違反に対して、どのような対策をとってきたのでしょうか?
    林典幸管理課長:「2019年から壁新聞を作って“マナー向上“を掲示しています」
    マナー向上を訴えるポスターを貼ったところ、利用の仕方がだいぶ改善してきたと言います。

    また、トイレの入り口には3台の防犯カメラを設置。対策を講じたことによって、利用者のマナーは向上してきました。
    さらに、ごみの量に応じて、20~30円ほどで引き取ってくれる「ごみの有料回収」も行っており、大変便利と好評だそうです。

    しかし、取材当日にも駐車場には寝ている人がいたり、クーラーボックスや自転車が置いてありました。
    改善されてきたとはいえ、未だにマナー違反の事例もあり、利用者の意識改革が必要なようです。

    ■車を駐車し自転車で海へ釣りに…問われる利用者のモラル
     
    林典幸管理課長:「道の駅はキャンプ場ではなく、24時間使える駐車場で、誰しもが利用できることになっているので、迷惑行為はやめてほしい」

    林さんによると、今年はマナーがよく、イスを出したりテントを張っていることもないので非常にありがたいとのことでした。
    林典幸管理課長:「一部マナーが伝わっていないのは、伝え方が甘かったのかなと思います。より分かりやすくルールを掲示しなければならないですね」

    そんな中気になったのは、道の駅に止められた多くの自転車。実は、道の駅の駐車場に車を止め、そこから自転車で海まで釣りに出かける人たちが大勢いるというのです。

    今の時期から秋にかけて、カラフトマスなど大きな魚が釣れる知床。
    もちろん釣りをすることも、車の中で魚をさばくことも問題はありません。
    しかし、中には数週間にわたって車を止め、駐車場で魚をさばいたり、洗濯物を干したりするなど、ルールを守らず不適切な使い方をする人もいるんです。
    多くの人に北海道に楽しく遊びに来てもらえるよう、利用する側のモラルが問われています。

    8/25(日) 8:02配信 北海道ニュースUHB
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190825-00010000-hokkaibunv-hok
    no title

    no title

    引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1566791449/

    【【北海道】キャンプ場ではなく駐車場なのに… 「道の駅」車中泊、迷惑行為・マナー違反の実態】の続きを読む

    このページのトップヘ