旅行行こうず!ー国内旅行まとめブログー

いつもコメントありがとうございます  旅行に関するスレッドや、都道府県、食べ物ネタ等をまとめたブログです。

    北海道

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 名無しの旅人 2021/09/22(水) 17:38:47.56 ID:Lgb7NU1R9
    21日、全国の土地の価格=地価が発表されましたが、驚きの結果となりました。
    なんと全国2位から10位まですべて道内、しかもほとんどが札幌周辺です。いったいなぜでしょうか。

    【依田アナウンサーリポート】
    クレーンはボールパークの建設現場。公園もある静かな住宅街。ここは住所でいうと北広島市共栄町4丁目。
    地価上昇率道内1位。加えて全国2位の結果です。」

    住宅地の上昇率全国2位となったこちらの地区、去年に比べじつに19.2%もアップしました。
    再来年に開業する予定のボールパークまではわずか600メートルほど、目と鼻の先です。

    【近隣住民は…】
    「そんなに高いの!?」

    Q周りの家は増えている?
    「増えている。増えているすごく。私が来たときはここは山や畑だった。」

    【北海道不動産鑑定士教会齋藤武也副会長】
    「ボールパークが来るわけだから、化ける可能性は他の近郊都市よりはでかい」


    市内の別の地区では新しい戸建て住宅の建設が着々と進んでいました。

    【依田アナ】
    「バス停と国道の目の前に宅地が造成されている。すでに建っているものも。看板みると半分くらい売れている」

    こちらの土地はおよそ60坪・200平方メートルほどで、1000万円台からと札幌市内に比べて割安。
    隣の厚別区にあるJR上野幌駅までは車でわずか4分です。

    【北海道不動産鑑定士教会齋藤武也副会長】
    「価格水準は札幌に比べて非常に低いので、そこに若年層の戸建て分譲が進んだ」


    ボールパーク効果で、住宅地の上昇率全国上位を占める北広島市。さらに同じようにJR沿線にある恵庭市や江別市も上位に入っています。

    【依田アナ】「野幌駅から10分。江別市の野幌東町の地価はジャンプアップ。134位から8位になった」

    【住民は…】
    Q札幌へのアクセスは?
    「快速だと20分くらいで着く。もういまの場所から離れられない」

    背景にあるのは札幌市内の住宅地の高騰。
    周辺の都市で比較的土地の価格が安く札幌へのアクセスが便利なJR沿線に注目が集まり、価格が急上昇しているのです。

    【北海道不動産鑑定士教会齋藤武也副会長】
    「異常に札幌市以外の隣接の都市が安い。
    よくよく気づいてみると『ここからでも通えるじゃない。え、(札幌の)半分以下(の価格)なの』って話になればやっぱり価格が低い」

    住宅地の上昇率全国トップ10のうちじつに8つに札幌圏がランクイン。道内全体の平均で30年ぶりに前年よりプラスとなりました。


    【スタジオ】
    全国のトップ10にこれだけ道内が入るのもすごいですが、ボールパークができる北広島に、恵庭・江別‥。
    どれもJR沿線で札幌にアクセスしやすいという共通点がありますね。
    地価が上がるだけでなくマチの活性化にもつながればいいですね。

    https://youtu.be/USujZoyP6qE


    2021/09/21(火) 19:32
    https://www.htb.co.jp/news/archives_13220.html

    ボールパーク
    https://www.hkdballpark.com/images/ballpark/map.jpg
    https://www.hkdballpark.com/images/ballpark/vision.png
    https://youtu.be/LwJTT5ZKa8M

    https://youtu.be/1NMW5VM2FhI


    https://www.hkdballpark.com/ballpark/

    引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1632299927/

    【【北海道】札幌圏の地価急上昇、全国2位から10位まですべて道内 札幌市内の住宅地高騰や「ボールパーク」効果】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 名無しの旅人 2021/09/19(日) 15:26:10.15 ID:hEd01Mf19
    食欲の秋。北海道の代表的な秋の味覚といえばイクラです。しかし、その価格が高騰しています。

    一方でサケの定置網には本来取れない魚がかかっています。いま、海に何が起こっているのでしょうか。

    温かいご飯にのせたイクラ。口の中ではじける感触が恋しい季節になりました。

    安野 陽介 ディレクター:「新鮮な生筋子。こちらでは、ちょっと高めの100g1200円です」

    札幌市西区の「鮮魚鯔背」では、漬ける前の生筋子の価格に異変が。

    鮮魚鯔背 小野 真さん:「2019~2020年は100gあたり600円で販売。倍の値段になっている」

    何と2020年の倍の値段です。そのワケは?

    鮮魚鯔背 小野 真さん:「史上2番目くらいのサケの不漁予想が出ていた。この後も値段は下がらないと思う」

    北海道東部の釧路町昆布森漁港です。秋サケ漁がそろそろ最盛期を迎えるはずなんですが…。

    秋サケ漁 漁船員 川原田 良己さん:「全然サケが取れなくて、3日ぶりの出漁。それで170匹の水揚げは始まって以来の少なさ」

    通常この時期のサケの水揚げは1日2000匹ほどですが、この日はわずか170匹。壊滅的な少なさです。

    続きはソース元にて
    https://news.yahoo.co.jp/articles/53dcab1e513ad7d04e0294e286f5f91c3c00ebeb

    引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1632032770/

    【【水産】北海道の「秋の味覚」に異変 「イクラ」が高騰 去年の2倍になったワケ…一方で大漁の魚も】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 名無しの旅人 2021/09/14(火) 20:42:51.22 ID:t8+6JQ8R9
    JR北海道が発表したことし4月から6月までの区間ごとの収支は186億円余りの赤字で、去年より30億円以上減ったものの、新型コロナウイルスの感染拡大前のおととしと比べると依然として厳しい利用状況が続いています。

    JR北海道によりますと、ことし4月から6月までの区間ごとの収支は23の区間すべてで赤字となり、赤字の額は合わせて186億1600万円で去年の同じ時期より33億300万円減りました。

    区間別では新千歳空港を結ぶ快速エアポートを含む「札幌圏」が38億2900万円の赤字で、赤字の幅は去年より16億6300万円縮小しました。
    また、北海道新幹線の新青森・新函館北斗間のほか、石勝・根室線の南千歳・帯広間など主な特急が通る路線も2億円以上、赤字が減りました。
    それでも新型コロナウイルスの感染拡大前のおととしと比べると赤字額は70億円余り多く、依然として厳しい利用状況が続いています。
    JR北海道は「今年度の後半以降はワクチン接種が進んで徐々に収支が改善していくと想定しているが、コスト削減など自社でできる努力は引き続き進めていく」としています。
    https://www3.nhk.or.jp/sapporo-news/20210914/7000038251.html

    豪雨被害にコロナが追い打ち JR九州、過疎ローカル線存亡の危機?赤字47%拡大の区間も
    https://news.yahoo.co.jp/articles/5df08212bb7ba9dcff427e7614316ea13284f623

    引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1631619771/

    【【コロナ&過疎】JR北海道 4〜6月の区間収支は186億円余の赤字に JR九州も66億5500万円の赤字】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 名無しの旅人 2021/09/11(土) 09:06:44.52 ID:Sdtnl1R09
    NHK09月10日 06時57分
    https://www3.nhk.or.jp/sapporo-news/20210910/7000038116.html

    根室でイクラのしょうゆ漬け作り盛ん 秋サケ漁の本格開始で

    秋サケ漁が本格的に始まり、根室市ではイクラのしょうゆ漬け作りが盛んに行われています。

    根室市では毎年、秋サケ漁が始まるこの時期になるととれたてのイクラを使ったしょうゆ漬け作りが盛んに行われます。

    市内の水産加工会社では、朝に水揚げされたばかりのメスのサケおよそ1トンを仕入れ、従業員が腹をさばいて手際よく筋子を取り出しました。

    そして取り出したおよそ150キロの筋子を手でほぐしたあと、異物を取り除き、特製のしょうゆだれに漬け込んでパックに詰めていきました。

    会社によりますと、近年はサケの不漁の影響でイクラの価格は上昇傾向にあるものの、人気のメニューとして道内外の飲食店から需要があるということです。

    マルナカイチ杉山水産の島孝治社長は「まだ序盤ですが、これからどんどんサケがとれて全国においしいイクラを届けられればよいです」と話していました。

    根室市でのイクラの加工作業は11月上旬まで行われます。

    ※リンク先に動画あり

    引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1631318804/

    【【北海道】根室でイクラのしょうゆ漬け作り盛ん 秋サケ漁の本格開始11月上旬まで】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1280px-Matsuo_Jingisukan

    1: 名無しの旅人 2021/06/30(水) 00:27:07.64 ID:CX2GEAJkH
    ジンギスカンよな

    引用元:https://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1624980427/

    【「北海道の食い物」で結局一番美味いのって】の続きを読む

    このページのトップヘ