旅行行こうず!ー国内旅行まとめブログー

旅行に関するスレッドや、都道府県、食べ物ネタをまとめたブログです。

    2019年05月

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 名無しの旅人 2019/03/27(水) 01:30:34.13 ID:aaJvg5LJ0
    広島やったらいろいろあったのに…

    引用元:http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1553617834/

    【【悲報】ワイ埼玉民、出張で岡山行くことになったけど観光するとこがなくて絶望】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: \(^o^)/ 2019/05/29(水) 23:28:56.79 ID:BxPLlsjf9
    https://www.asahi.com/articles/ASM5S4K19M5SUJHB007.html

    納豆ご飯の専門店、オープンへ 月替わりのトッピング
    益田暢子
    2019年5月27日8時30分

    納豆の本場・水戸市に納豆ご飯専門店をオープンさせようと、市内のベンチャー企業「株式会社納豆」が準備を進めている。開店予定は「納豆の日」の7月10日。宮下裕任(ひろただ)社長(34)は「地元の人だけでなく、観光客も呼び込みたい」と意気込む。

    宮下さんは水戸市出身。大学院卒業後、通信会社で働いていたが、2015年に納豆ご飯の愛好家らと一緒に「納豆男子」というプロジェクトを開始。一緒に食べるとおいしいトッピングをネットで発信したり、アフリカに納豆を持ち込んでPRしたりしてきた。昨年7月10日、プロジェクトを会社化した。

    店の構想は15年ごろからあった。「新しい食べ方を見つけてほしい」。昨年11月、そんな思いを民間主催のビジネスコンテストで発表すると見事優勝。今年1月に水戸市梅香1丁目にあるホテルに空き店舗を見つけ、準備を始めた。

    店名は「令和納豆」。新しい時代を牽引(けんいん)する、との思いを込めた。県出身のデザイナーが「水戸っぽ」をイメージして、内装を手がけるという。

    昼は納豆ご飯をメインにした定食を出す。オリジナルや全国各地の納豆を7種類、バターやキムチなどのトッピングを10種類月替わりで用意。客は好きな納豆とトッピングを選んで、食べ比べることができる。夜は、日本料理の料理人が監修した納豆料理と酒が楽しめる居酒屋になる。

    なぜ、ここまでこだわるのか。宮下さんは都内で働いていた時、水戸出身と言うと、納豆を連想されることが多かった。「水戸イコール納豆がコンプレックスという人もいるけれど、僕はそのブランディングはすごいと思った」と話す。

    開店準備資金は、クラウドファンディングで募っている。1万円の寄付で600円の定食が一生無料で食べられるパスポートなどユニークな返礼品もある。専用ホームページ(https://faavo.jp/tsukuba/project/3712別ウインドウで開きます)で受け付けている。(益田暢子)

    引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1559140136/

    【【水戸】納豆ご飯の専門店、オープンへ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 名無しの旅人 2019/05/29(水) 19:11:48.45 ID:RHIjWuBl9
    https://www2.ctv.co.jp/news/2019/05/29/52641/

    60年間駅のホームで釜飯弁当を売り続けた男性(75)が引退へ、時代の移り変わりで 岐阜・美濃加茂市
    報道局 岐阜特集 2019/5/29 17:00

    時代は昭和から平成、令和へ。変わらぬままの風景もありますが、時代とともに失われていく風景もあります。60年間愛されてきた釜飯弁当が、長い歴史に幕を下ろすことになりました。『今は窓も開かないし、もう売れない』弁当を売り続けた男性が引退を決めた背景には、時代の移り変わりがありました。


    岐阜県美濃加茂市にあるJR美濃太田駅。首から弁当が入ったハコを下げ、ホームを歩く男性は、酒向茂(さこうしげる)さん(75)です。この駅で約60年間、釜飯弁当を販売しつづけてきました。

    「釜飯弁当」(酒向茂さん)
    「買うわ」(客)
    「税込みの1000円です」(酒向茂さん)

    60年もの間多くの人に愛されてきたのが、甘めに味付けしたマツタケや鶏肉やタケノコがおいしい釜飯弁当の「松茸の釜飯」です。

    この釜飯弁当の仕込みは毎朝午前4時から。駅の近くにある店で夫婦2人だけで作り続け、茂さんが1人朝から夕方まで駅に立って売り続けてきました。
    誰にでも気さくに話しかける酒向さんの姿は、ずっと変わっていません。しかし酒向さんは5月いっぱいで、その60年の歴史を終えることを決めました。

    「一番大きな問題は売れない。私が年やし、定休日がないし、とてもじゃないがやっとれません。えろうなってきたわ」(酒向茂さん)
    (リンク先に続きあり)

    no title

    松茸の釜飯
    no title

    26年前の酒向さん
    no title

    引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1559124708/

    【【岐阜】60年間駅のホームで釜飯弁当を売り続けた男性(75)が引退へ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 名無しの旅人 2019/04/29(月) 20:12:02.81 ID:okeWBq5u0NIKU
    タレカツ丼は食う予定

    引用元:http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1556536322/

    【新潟で食うべきもんてなに? 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 名無しの旅人 2019/05/29(水) 13:07:30.26 ID:6cLyYnw/9
    静岡の「チーズあられ」製造終了 「マジですか」「大好きだったのに...」県民に衝撃走る

    静岡県民に愛されてきた「チーズあられ」の製造が終了する。製造元のエルミオーレ製菓(浜松市)が5月いっぱいで業務を終了することによるもの。
    同社の担当者が2019年5月29日、Jタウンネットの取材に明かした。

    昭和の時代から静岡県民に愛されたお菓子の歴史がついに幕を閉じる。
    ツイッター上では販売終了のウワサを聞きつけたユーザーから、悲しみの声が上がっている。

    ■「これ大好きなのに...」
    同じ「チーズあられ」という名前のお菓子は全国に存在しているが、エルミオーレ製菓のものはパッケージに牛のイラストが入っているのが特徴だ。

    元々は浜名食品が数十年前から製造していた商品であったが、15年11月に倒産。
    それを受けて、エルミオーレ製菓が「チーズあられ」の製造を引き継いだ。

    おい!!
    静岡県西部のみんな!!!!
    大変だ!!!!

    みんなの大好きな

    「 チ ー ズ あ ら れ 」が!!!!

    販 売 終 了 !!!!!

    今の内にスーパーに買いに行くんだ!!!!! pic.twitter.com/6ZD0kSXqsr
    ― Jam 【DBオンリー新刊BOOTHで通販中】 (@ochika_jam) 2019年5月28日

    こちらはツイッターユーザーのJamさんが投稿したもの。スーパーでチーズあられが販売されている様子を撮影したものだが、

    「ありがとう 昭和から平成 お茶の間のお菓子」
    「最終納品にて販売終了となります」

    と書かれた紙がポップスタンドにある。
    販売終了のためか、ワゴンにも大量にチーズあられが積まれている。

    (以下略、続きはソースでご確認下さい)

    Jタウンネット 2019年5月29日 12:49
    https://j-town.net/tokyo/news/localnews/289410.html?p=all

    引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1559102850/

    【【悲報】静岡の「チーズあられ」製造終了・・・】の続きを読む

    このページのトップヘ