旅行行こうず!ー国内旅行まとめブログー

旅行に関するスレッドや、都道府県ネタをまとめたブログです。

    2019年03月

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 名無しの旅人 2019/03/01(金) 13:05:33.65 ID:UA1aXa509
    全国166種類の梅酒を楽しむ

    *ソース元にニュース画像あり*

    http://www3.nhk.or.jp/lnews/mito/20190301/1070005594.html
    ※NHKローカルニュースは元記事が消えるのが早いので御注意を

    偕楽園で行われている「水戸の梅まつり」に合わせて、全国から集めたおよそ170種類の梅酒を楽しんでもらおうというイベントが1日から始まりました。

    このイベントは偕楽園で行われている「水戸の梅まつり」に合わせて毎年開かれていて、常磐神社の境内に設けられた会場には全国から166種類の梅酒が集められました。
    会場では800円払うと30分間、すべての梅酒を自由に飲み比べできるということで、訪れた人たちは次々と好みの梅酒を手にとって、味の違いを楽しんでいました。

    また、会場には梅酒の販売コーナーも設けられ、ことしは山口県の日本酒「獺祭」に和歌山県の南高梅を漬け込んだ限定品の梅酒が人気を集めていました。
    この梅酒を試飲した日立市の45歳の男性は「すっきりした味でとてもおいしいです」とすぐに買い求めていました。

    また、牛久市から訪れた58歳の女性は「好みの梅酒を中心にいろいろな種類を楽しみたいです」と話していました。

    このイベントは3日まで水戸市の常磐神社で開かれています。

    03/01 11:55

    引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1551413133/

    【【飲み放題】全国166種類の梅酒を楽しむイベントが偕楽園で】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 名無しの旅人 2019/02/28(木) 22:31:52.77 ID:t8gRwDF09
    no title


    no title


    小田急線全線が1日乗り放題の「1日全線フリー乗車券」が発売されます。
    これで途中下車も自由自在、小田急線を120%楽しめる企画きっぷの登場です。


    《発売開始》
    2019年3月2日(土・祝)

    ※利用期間の1ヶ月前から発売します
    ※初回のみ、利用期間と同日の3月21日から発売します

    《利用期間》
    ①3月21日~4月5日
    ②4月28日~5月6日
    ③7月1日~8月31日
    ④12月25日~1月10日

    2019年は特急ロマンスカー・GSE(70000形)就役1周年を記念した、特急ロマンスカーモバイルスタンプラリーの開催期間にあわせて、3月21日(木・祝)から5月6日(月・祝)を利用期間とします
    2020年以降も上記日程が利用期間になります

    《発売金額》
    大人 2,000円 こども 1.000円

    ※特急ロマンスカー利用には、別途特急券が必要となります

    《販売箇所》
    ①小田急線各駅窓口および券売機
    ②小田急トラベル各店舗(一部取り扱いのない店舗があります)

    《問い合わせ》
    小田急お客さまセンター(ガイダンス4番/お問い合わせ・ご案内)


    これは朗報です。以前、【私鉄に乗ろう】撮影で東武鉄道に乗った際、Suicaが全駅で使えましたが、駅舎などを観るために何度も乗り降りするとコストがかかります。
    それは本来の正統な乗車料金なのですが、剰りに何度も下車していると「無駄なコトしてる」という罪悪感を感じてしまうんです。
    こーいうフリー乗車券があれば便利です。流石に長大な東武鉄道全線を各駅停車で1日では廻りきれませんが。

    これで小田急全線を各駅停車で乗る計画が起てられます! 嬉しいなぁ。

    http://news.livedoor.com/article/detail/16091044/
    2019年2月28日 20時45分 鉄道チャンネルニュース

    引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1551360712/

    【【鉄道】小田急線全線が1日乗り放題の「1日全線フリー乗車券」を発売 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1024px-Kanimeshi_Osyamambe

    1: 名無しの旅人 2019/03/01(金) 03:01:52.19 ID:4Ij5AFkZ9
    JR北海道が車内販売を終えた28日、長万部駅(渡島管内長万部町)の名物「かにめし」が、70年近くにわたる駅弁としての歴史に幕を下ろした。特急列車への最後の積み込みには、駅前で製造・販売する「かにめし本舗かなや」の6人がホームに立って、見送りをした。この1日で例年の3倍、145個の注文があり、乗客も車窓越しに最後を惜しんだ。

    午後4時25分、札幌行きの「スーパー北斗15号」が同駅に着くと、同社で20年近く調理に携わる戸来(へらい)雅行さん(67)が、最後のかにめし25個分が入った紙袋を客室乗務員に手渡した。

    停車は1分足らず。「長い間ありがとうございました」と乗務員に告げると列車の扉は閉まり、駅を離れた。かにめしの店頭販売は続くが、戸来さんは「駅弁と呼べなくなるのは寂しい」とこぼす。

    かにめしは1950年、駅ホームでの対面販売が始まり。駅弁大会での優勝を機に全国で知られるようになった。同町の木幡正志町長は「長万部の代名詞が駅弁としての使命を終えるのはとても残念」と話した。

    最後の列車へも、できたての味を届けた。ホームから見送った同社の金谷圭一郎社長(45)は「お客さまには感謝の一言。来店時に変わらぬ味を提供できるよう、引き続き頑張りたい」と話した。

    北海道新聞 3/1(金) 2:30
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190301-00010000-doshin-hok

    引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1551376912/

    【【長万部】駅弁「かにめし」もラストラン・・・JR北海道の車内販売終了】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 名無しの旅人 2019/03/01(金) 08:13:01.27 ID:1DjM8rEk9
    「ギョーザ」テーマの自販機 宇都宮「餃子通り」に登場
    http://www.tokyo-np.co.jp/article/tochigi/list/201903/CK2019030102000170.html
    2019年3月1日

    ギョーザ店が集まる宇都宮市中心部の「餃子(ギョーザ)通り」に、ギョーザをテーマにしたラッピング自動販売機が登場した。側面などに「餃子通り」の文字をあしらい、商品を陳列する部分にはお茶やジュースとともに、缶飲料を模した架空の「飲める餃子」が並ぶ。

    「飲める餃子」のパッケージのほか、市の観光資源の大谷石にギョーザのフィギュアを付けたオブジェ(いずれも非売品)も陳列され、遊び心のある一台となっている。飲料品製造販売のコカ・コーラボトラーズジャパンが協力した。

    通りは「宮島町通り」と呼ばれてきたが、宇都宮名物のギョーザを目当てに多くの観光客が訪れることから、昨春に「餃子通り」と命名。これまでも、ギョーザのイラストを描いた広告を電柱に掲げたり、ギョーザをデザインしたマンホールを設置したりしている。

    市観光交流課の担当者は「観光客がこんなおもしろいものがあるのかと、ラッピング自販機を楽しんでもらえたら」と期待する。 (原田拓哉)

    引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1551395581/

    【【栃木】「ギョーザ」テーマの自販機 宇都宮「餃子通り」に登場】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 名無しの旅人 2019/02/28(木) 20:04:45.31 ID:O02XI4Wm0 BE:784885787-PLT(15000)
    スタジオジブリ作品の世界観を再現する「ジブリパーク」が2022年秋、愛知県長久手市の愛・地球博記念公園で一部開業する。
    愛知県は新年度、予定地の既存施設の撤去に着手する。また、近くの愛知県立芸術大に21年4月、アニメや映画産業の担い手を育成する「メディア映像専攻」を新設する。

    県によると、ジブリパークを構成する五つのエリアのうち、屋内型の「ジブリの大倉庫エリア」の建設準備のため、旧温水プール棟内の設備などの撤去を始める。混雑が予想される周辺の交通対策も関係機関と協議する。
    ジブリパークの実施設計費などを含め、新年度予算案に約9億6412万円を計上した。

    「メディア映像専攻」は、愛知県立芸術大美術学部デザイン・工芸科に設ける。
    世界的なクリエーターの育成を目指し、ジブリパークの活用も視野に入れる。新年度予算案に、映像スタジオ棟の実施設計費など2235万円を盛り込んだ。(堀川勝元)

    2019年2月26日12時51分
    朝日新聞デジタル
    https://www.asahi.com/articles/ASM2Q3671M2QOIPE006.html

    引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1551351885/

    【愛知県「ジブリパーク」始動! 県税投入9億円 2022秋一部開業 レゴランドの仇は長久手で返す!】の続きを読む

    このページのトップヘ