旅行行こうず!ー国内旅行まとめブログー

旅行に関するスレッドや、都道府県ネタをまとめたブログです。

    2019年01月

    1: 名無しの旅人 2019/01/24(木) 21:38:05.98 ID:Hu45wS0G0 BE:618588461-PLT(35669)
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190124-00010000-norimonov-bus_all

    新造船「きたかみ」を2019年1月23日(水)、太平洋フェリーが横浜港でお披露目しました。
    なお、これまで同社に「きたかみ」という船があったため、その2代目となる新造船はニュー「きたかみ」と表記します(役目を終えた初代「きたかみ」は海外へ売船予定)。


    太平洋フェリーは名古屋~仙台~苫小牧間1330kmでフェリーを運航していますが、このニュー「きたかみ」が就航するのは、そのうちの仙台~苫小牧間560km。
    19時台に出港し、翌日の午前中に到着する「夜間航海ダイヤ」であることから、「星空を旅する『SPACE TRAVEL(スペース トラベル)』」がデザインのコンセプトです。

    引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1548333485/

    【たまにフェリーで旅行すると楽しいよな】の続きを読む

    1: 名無しの旅人 2019/01/23(水) 21:49:16.17 ID:b1/0Bvnb0 BE:323057825-PLT(12000)
    国土交通省は2019年1月18日(金)、資料「東京圏の鉄道路線の遅延『見える化』(平成29年度)」を発表。首都圏の鉄道路線別に、遅延証明書の発行状況や、遅延の発生原因などをまとめました。

    【路線図】「小規模な遅延」「大規模な遅延」発生状況

    この資料では、2017年度の各路線において、1か月のうち平日20日間あたりの遅延証明書発行日数や、そのなかで10分未満の「小規模な遅延」、30分以上の「大規模な遅延」などが発生した平均日数が明示されています。

    まず、2017年度に1か月(平日20日間)当たりで遅延証明書の平均発行日数が多かった路線ワースト5は、次の通りです。

    ・1位:JR中央・総武線各駅停車(三鷹~千葉)、19.2日
    ・2位:JR宇都宮線・高崎線(上野~那須塩原・神保原)、19.0日
    ・3位:JR中央線快速・中央本線(東京~甲府)、18.8日
    ・4位:東京メトロ千代田線、18.4日
    ・5位:JR埼京線・川越線(大崎~新宿~武蔵高萩)、18.2日

    次に、30分以上の「大規模な遅延」が多く発生した路線ワースト5と、その平均発生日数は次の通りです。

    ・1位:JR宇都宮線・高崎線(上野~那須塩原・神保原)、2.7日
    ・2位:JR埼京線・川越線(大崎~新宿~武蔵高萩)、2.6日
    ・3位:JR中央線快速・中央本線(東京~甲府)、2.1日
    ・4位:JR横須賀・総武快速線(大船~東京~稲毛)、1.8日
    ・5位:JR東海道線(東京~湯河原)、1.7日
    ・5位:JR中央・総武線各駅停車(三鷹~千葉)、1.7日

    国土交通省によると、大規模な遅延の要因は、自殺(人身事故)や線路内への立ち入りといった「部外原因」が77%、車両や施設の故障などの「部内要因」が18%。
    事故防止対策として転落防止のためのホームドア整備、車両における主要機器の二重系化(故障時のバックアップ機能)などを挙げています。

    首都圏「ちょくちょく遅れる路線」ランキング 「混雑率」からは見えない路線の素顔
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190123-00010000-norimono-bus_all

    引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1548247756/

    【「大規模な遅延」が発生した路線ランキング】の続きを読む

    1: 名無しの旅人 2019/01/23(水) 19:12:04.63 ID:l3It08U60 BE:123322212-PLT(13121)
    松戸が「千葉の武蔵小杉」になる理由

    東京23区内よりも都心から遠い郊外都市のほうが人気で、分譲価格も高額化……そんな現象が最初に起こったのは、神奈川県川崎市の武蔵小杉駅周辺。23区内の大田区から多摩川を越えた先なのに人気が高く、マンション分譲価格が23区内よりも高くなってしまった場所だ。

    もうひとつ、東武東上線和光市駅(埼玉県)は、隣接する板橋区の成増駅よりも人気が高い。
    理由は、東武東上線に乗り入れている東京メトロ有楽町線と副都心線の始発電車が利用でき、座って通勤がしやすいから。隣駅の板橋区・成増駅よりもむしろ便利というわけだ。

    新たな“下克上タウン”は千葉県の松戸

    武蔵小杉にしろ、和光市にしろ、都心ではない。23区内でも、東京都内でもない。神奈川県と埼玉県に入った場所で、郊外都市と位置づけられる。いわば、外様(とざま)の街……それが、23区よりも高い評価を勝ち得てしまう様子は「下克上」を思わせる。

    そんなこと、20世紀の間にはなかった。なんといっても、土地の評価が高いのは東京都内。そのなかでも23区内だった。
    川崎市や和光市が23区よりも上位につくことなどあり得なかった。だからこそ、武蔵小杉と和光市の人気ぶりは衝撃的だった。

    そして、今、新たな“下克上タウン”の候補が出てきた。それは、東京を取り巻くもうひとつの県、千葉県の松戸だ。

    平成27年、上野東京ラインの開通以降、人口が増加

    「松戸」と聞いて「えっ」と思う人が少なくないだろう。「上野駅から常磐線に乗って、ずいぶん遠い場所でしょ」と。
    同じ千葉県の柏より松戸のほうが都心から遠いのでは……等々いろいろな誤解が生じやすい場所だ。

    松戸は今も常磐線の駅だが、住人の意識は「上野東京ラインの駅」に変わっている。「終点は上野」の駅ではなく、東京駅、品川駅に直接通じている駅だ。そして、柏よりもだいぶ都心寄り。葛飾区から江戸川を越えたら、すぐの場所だ。

    全文
    https://news.yahoo.co.jp/byline/sakuraiyukio/20190123-00111941/

    引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1548238324/

    【松戸、「千葉の武蔵小杉」として大発展する可能性 】の続きを読む

    1: 名無しの旅人 2019/01/23(水) 22:18:44.67 ID:xv+VKYvD9
    JR西日本とMAMORIOは2月1日から、紛失防止タグ「MAMORIO」と「専用アンテナ(MAMORIO Spot)」を利用した忘れ物自動通知サービスを提供します。

    no title


    MAMORIOは小型のIoTタグで、Bluetooth接続したスマホから離れるとアプリから通知が届きます。「みんなでさがす」機能をオンにすると、他のユーザーが紛失したMAMORIOとすれ違った時に場所と時間を通知。
    MAMORIO Spotの設置されている駅や商業施設にMAMORIO Sがついた落し物が届いた際にも通知を受け取れます。

    JR西日本の各駅には多くの忘れ物が届けられており、忘れ物の早期発見と確実な引き渡しを実現することで、利用者に対するサービス向上を図としています。
    以下の忘れ物センター11か所にアンテナを設置予定です。

    (1) 金沢忘れ物センター(金沢市堀川新町162)
    (2) 京都忘れ物センター(京都市下京区烏丸通塩小路下ル東塩小路町901)
    (3) 大阪忘れ物センター(大阪市北区梅田3-1-1 JR大阪駅構内)
    (4) 天王寺忘れ物センター(大阪市天王寺区南河堀町7-35)
    (5) 姫路忘れ物センター(兵庫県姫路市駅前町188-1 JR姫路駅構内)
    (6) 岡山忘れ物センター(岡山市北区駅元町1-1 JR岡山駅構内)
    (7) 福山忘れ物センター(福山市三之丸町30-1 JR福山駅構内)
    (8) 広島忘れ物センター(広島市南区松原町2番37号 JR広島駅構内)
    (9) 新山口忘れ物センター(山口市小郡下郷1294 JR新山口駅構内)
    (10) 小倉忘れ物センター(北九州市小倉北区浅野1-1-1)
    (11) 博多忘れ物センター(福岡市博多区博多駅中央街1-1)
    ※周辺の駅に届けられた忘れ物が忘れ物センターへ集約されます。(一部地域除く)


    engadget 日本版
    JR西日本、忘れ物防止タグ「MAMORIO」を利用して忘れ物センターのサービス向上へ
    11か所に専用アンテナを設置
    https://japanese.engadget.com/2019/01/23/jr-mamorio/

    引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1548249524/

    【【鉄道】JR西、忘れ物防止タグ「MAMORIO」で新サービス 忘れ物をスマホにお知らせ 】の続きを読む

    このページのトップヘ