旅行行こうず!ー国内旅行まとめブログー

旅行に関するスレッドや、都道府県ネタをまとめたブログです。

    2019年01月

    1: 名無しの旅人 2019/01/26(土) 22:27:23.69 ID:KO8lsznW
    西の中心地でありながら、それほど良い印象を持たれていない大阪。
    科学が進歩を極める現代においても、関西圏以外の一部の人々は、大阪人が「○○やんけワレェ」「~おまへんやろ?」のような、それほど一般的ではない大阪弁を話すと考えている。この地に住む全員が“しゃべりの達人”で、ケチ(もしくは値切りが上手い)で、タコ焼きに目がなくて…いかにも“大阪的”な像を抱く。だからこそ問いたい。

    大阪は、ほんとうに“大阪的”か?

    『大阪的』(井上章一/幻冬舎)は、日本人が勝手にイメージするステレオタイプ化された“大阪的”人物像のあやまちを正そうという書籍だ。著者は、2015年に『京都ぎらい』がベストセラーになり、大きな話題を呼んだ井上章一氏。本書は、正しい大阪人の姿を赤裸々に解説する。その一部をほんの少しだけご紹介したい。


    ■大阪のおばちゃんは“つくられた”存在だった?

    まず分かりやすいところから取り上げたい。大阪のおばちゃんだ。

    元気ハツラツで、トラ柄の服を着ていて、人の話を聞かずマシンガントークを撃ちまくり、ふと息をつくと「アメちゃんいる?」と口に押しつけ…。そんなおばちゃんたちが今日も大阪の街を闊歩する。

    こんな大阪的なイメージを抱く人が大半だろうが、実は井上氏によると、彼女たちは“つくられた”存在なのだそうだ。しかも、地元在阪局のテレビ番組によって。

    ご存じの通り、テレビ番組の制作費用は東京が圧倒的な額を持つ。在阪局の制作費用も地方局と比べるとある方だが、やはりキー局と比べると一桁寂しい。それでも東京の番組に負けないものを作るため考え出されたのが、“素人”だった。

    1983年から10年間にわたって放送された『まいどワイド30分』という大阪限定ニュースワイドショー。そこに映し出されたのは、制作陣が「面白い!」と判断した、商店街で食材を求める選りすぐりの主婦たち。連日放送される彼女たちの勢いある姿に、視聴者たちは釘付けになった。

    テレビの影響力は絶大で、“大阪的おばちゃん”のイメージが形成されたばかりか、それに影響された大阪のおばちゃんたちさえも、“大阪的”に“寄ってしまった”のではないか? 井上氏は言葉を選びながら本書で慎重に考察する。

    しかし本来、“上方の女”とは控えめで品のある女性だ。それを井上氏が本書でていねいに解説しているのだが…この原稿を書く関西出身の私は思う。「きっと“大阪的”を好む関西圏以外の人々はそれほど聞きたい話ではないのではないか?」。

    今日も“大阪的なおばちゃん”は元気に街を賑わしている。そのイメージは“つくられた”ものだろうし、関西圏以外の人々の願望も少しだけ入っているような気がする。


    ■著者が本書で最も言いたい“大阪らしくない”歴史と文化
         ===== 後略 =====
    全文は下記URLで
    https://ddnavi.com/review/513268/a/

    引用元:http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/femnewsplus/1548509243/

    【「正しい大阪人」の姿って? 芸人顔負けのおばちゃん、熱狂的すぎる阪神ファン…これらは“つくられた”存在!?】の続きを読む

    1: 名無しの旅人 2019/01/26(土) 22:26:54.06 ID:XP3j0Y8Z9
    2019年1月26日 13時22分
    朝日新聞デジタル
    福岡市博物館(同市早良区)が、所蔵する国宝の日本刀「圧切長谷部(へしきりはせべ)」の裏側の展示を始めた。

    「刀を隅々まで見たい」という要望を受けた同館初の企画。通常は目にすることができない名刀の一面を見ようと、「刀剣女子」と呼ばれる刀剣ファンの女性らが熱い視線を送っている。

    圧切長谷部は、織田信長が黒田官兵衛に与えたとされる刀。年始の公開は同館の恒例行事だが、今回は22日から向きを裏返し、刀を腰に付けたとき内側になる「差裏(さしうら)」と呼ばれる面を見せている。表とは異なる刀の模様や、根元に刻まれた「長谷部」という文字が見られるなど好評で、ネットでも話題となっている。

    年始の公開に訪れる女性客は、刀剣を擬人化したオンラインゲーム「刀剣乱舞」が始まった影響で近年急増。刀剣ブームに火がつき、差裏の展示を求める声が高まっていた。当初「お尻を見せるようなもの」と消極的だった同館学芸課の堀本一繁さんも、要望を受け入れ、展示を決めた。

    圧切長谷部の前には、25日も「刀剣女子」らが列をなしていた。友人らと3人で訪れた福岡市南区の会社員鶴圭織さん(23)は3度目の鑑賞。「次いつ見られるかわからないので。差裏を見ると、より刀のリアリティーが感じられて満足です」と話した。

    今回の公開は2月3日まで。一般200円、高大生150円、中学生以下無料。9月7日からの特別展「もののふの美の系譜」でも期間中に裏返す予定だ。(宮野拓也)

    http://news.livedoor.com/lite/article_detail/15929807/
    no title

    引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1548509214/

    【【福岡】国宝の刀「圧切長谷部」裏側展示に刀剣女子らが長蛇の列「お尻を見せるようなもの」】の続きを読む

    1: 名無しの旅人 2019/01/26(土) 14:48:49.51 ID:g1dPFePE9
    入れ墨お断り? 来日客増で揺れる京都の入浴事情

    目にする機会が増えたタトゥー(入れ墨)。
    マイナスイメージが強い日本では生活上、制約を受ける場面がある。
    今年のラグビーのワールドカップ(W杯)や来年の東京五輪・パラリンピックなど多くの外国人の来日を見据え、スポーツ団体や関係者は対応を模索している。

    「刺青(いれずみ)・タトゥーをした方の入館は固くお断りします」。
    プールやジムが入る京都市健康増進センター「ヘルスピア21」(京都市南区)入り口の看板だ。外国人の来館も多く、英語も併記。辻本成秀総務課長は「公の施設なので利用者に迷惑を掛けないのがルール。入れ墨やタトゥーも畏怖心を与えることがある」。

    入れ墨やタトゥーがあると、国内では一部のプールや海水浴場などで利用が制限される。生命保険の加入も難しい。日本赤十字社はウイルス感染を防ぐため、タトゥーを入れて6カ月以内の献血を禁止している。
    ちなみに昨年夏のサッカーW杯で活躍したポルトガルのクリスティアノ・ロナルド選手は献血を理由にタトゥーを入れていないという。

    銭湯などの公衆浴場は、公衆浴場法では入れ墨だけを理由に入浴を拒めないとされる。実際は各施設の判断によるところが大きく、家族連れが多いスーパー銭湯の多くは利用禁止をホームページに明示。
    京都市内のある施設の担当者は「時代の流れで個人的にはいいと思うが、年配者やお子さんは嫌だと思う人もいる」。

    (以下ソース元にてお読み下さい)

    株式会社京都新聞社(2019/1/26 10:001/26 13:18updated)
    https://this.kiji.is/461698246764954721?c=39546741839462401

    引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1548481729/

    【入れ墨お断り? 来日客増で揺れる京都の入浴事情 】の続きを読む

    1: 名無しの旅人 2019/01/26(土) 08:54:36.08 ID:cfd8i4C09
    名物のうなぎ 小学校の給食に
    01月26日 08時40分 NHK
    https://www3.nhk.or.jp/shutoken-news/20190126/0024555.html

    脂がのっておいしいといわれる冬場のうなぎを味わってもらおうと、うなぎ料理が名物の長野県岡谷市にある小学校で、「うなぎ給食」がふるまわれました。

    岡谷市の「うなぎ給食」は、毎年、この時期に市内の小中学校や保育園で出され、このうち長地小学校では25日、市内3つのうなぎ料理店のかば焼きを使った「ひつまぶし」が提供されました。
    2年生の教室では、子どもたちが柔らかく焼かれたうなぎと、タレがしみこんだご飯を「おいしい」などと言いながら味わっていました。

    天竜川に流れる諏訪湖に面する岡谷市では、古くからうなぎ料理が盛んに食べられていて、市内のうなぎ料理店などが、脂ののった冬場のうなぎに親しんでもらおうと、この時期にうなぎを食べる習慣を広めようと活動しています。
    給食を食べた女子児童は、「冬に食べるうなぎもおいしいです」と話していました。

    また男子児童は、「外は寒いけれど、うなぎを食べると暖かくなります」と話していました。

    引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1548460476/

    【名物のウナギを小学校の給食に 女子児童「冬に食べるうなぎもおいしい」 長野・岡谷市】の続きを読む

    このページのトップヘ