旅行行こうず!ー国内旅行まとめブログー

旅行に関するスレッドや、都道府県ネタをまとめたブログです。

    2018年12月

    img_0

    1: 名無しの旅人 2018/12/22(土) 17:56:52.21 ID:7029fZ/+0 BE:711292139-PLT(13121)
    大阪・梅田の地下街「ホワイティうめだ」で、待ち合わせ場所として半世紀にわたり親しまれてきた「泉の広場」の噴水が来年に姿を消す。
    地下街の大規模改装に伴って撤去され、一帯は大阪の魅力を発信する新たな飲食店街に生まれ変わる。
    「見慣れた光景が消えるのは寂しい」と、周辺の商店主らから別れを惜しむ声が相次ぐ。

    噴水はホワイティうめだの前身「ウメダ地下センター」が開業して8年目の1970年、泉の広場の中心につくられた。天井にはシャンデリアがあしらわれ、注目を浴びた。
    81年に後を継いだ2代目は水が流れ落ちる階段状の構造が特徴的だった。現在の3代目は大理石製で2002年に完成。大阪市の姉妹都市、イタリア・ミラノ市の彫刻家が監修し、映画「ローマの休日」で有名な「スペイン広場」の噴水を参考にデザインされた。

    梅田の地下はJR大阪駅の南側を中心に三つの地下街などが複雑につながり、10万平方メートル超の敷地に多くの飲食店などが並ぶ。噴水は待ち合わせの目印として使われてきた。

    「バブル期は演奏会やミニコンサートが頻繁に開かれ、いつも人だかり。ホワイティがにぎやかな時代だった」。
    噴水ができた頃から近くで判子店を営む藤井勝実さん(73)は懐かしむ。水の音を求めて休憩する人も多かった。「時代の移り変わりで仕方ないが、やっぱり寂しいね」

    運営会社によると、泉の広場があるホワイティうめだ東側は来秋、訪日外国人(インバウンド)らを見込んだ新たな飲食店街や催事場にリニューアルされる予定。噴水は来春以降に撤去されるという。

    https://mainichi.jp/articles/20181222/k00/00m/040/109000c

    引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1545469012/

    【梅田地下ダンジョンのセーブポイント、「泉の広場」から来年噴水を撤去】の続きを読む

    1: 名無しの旅人 2018/12/22(土) 15:20:36.06 ID:G/e6o/sh0 BE:228348493-PLT(16000)
    https://trafficnews.jp/post/82442

    JR東日本は2018年12月20日(木)、東北新幹線「はやぶさ」「やまびこ」と山形新幹線「つばさ」の一部列車を対象に、50%引きの商品を設定すると発表しました。
    同社が提供するインターネットのきっぷ予約購入サービス「えきねっと」の会員が、2018年4月に1000万人を達成したことと、「モバイルSuica」会員が2017年11月に500万人を達成したことを記念した商品。今回はその第5弾です。
    商品は「お先にトクだ値スペシャル(乗車券つき)」と「スーパーモバイルSuica特急券スペシャル(スーパーモバトクスペシャル)」の2種類。概要は次のとおりです。

    ●対象列車
    ・東京、上野、大宮~新青森間
    「はやぶさ」3、9、19、39号/4、8、20、36、40号
    ・東京、上野、大宮~盛岡間
    「はやぶさ」103、109号/6、112号
    「やまびこ」41、51号/40、52、54号
    ・東京、上野、大宮~山形間
    「つばさ」129、135、139、143、159号/124、138、142、148号

    ●主な設定区間と発売額(通常期、大人1人、片道)
    ・お先にトクだ値スペシャル(乗車券つき)
    「はやぶさ」東京(都区内)~新青森:8670円
    「はやぶさ」東京(都区内)~盛岡:7370円
    「やまびこ」東京(都区内)~盛岡:7110円
    「つばさ」東京(都区内)~山形:5670円
    ・スーパーモバトクスペシャル
    「はやぶさ」東京(都区内)~新青森:7710円
    「はやぶさ」「やまびこ」東京(都区内)~盛岡:6630円
    「つばさ」東京(都区内)~山形:5080円

    引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1545459636/

    【青森へ行こう!新幹線ネット予約で東京~新青森が7710円に!】の続きを読む

    1: 名無しの旅人 2018/12/21(金) 18:44:43.15 ID:CAP_USER9
    愛知県の大村秀章知事は21日に記者会見し、愛・地球博記念公園(同県長久手市)につくる「ジブリパーク」を2段階で開業し、一部を2022年秋にオープンすると明らかにした。

    大村氏は「オペレーションを考えると2段ロケットでやったほうがスムーズにいく」と述べた。

    スタジオジブリの作品をモチーフにした建物を配置し、テーマごとに五つのエリアで構成。
    このうち、映画「ハウルの動く城」に出てくるような19世紀末の空想科学をイメージしたエレベーター棟がある「青春の丘」、映像展示室や収蔵施設でつくる「ジブリの大倉庫」、「となりのトトロ」の田園風景をイメージした「どんどこ森」の3エリアは22年秋の開業を見込む。

    「もののけ姫」のタタラ場をイメージした体験学習施設などを配する「もののけの里」、ハウルの城などを設ける「魔女の谷」の2エリアは、先行開業から1年後のオープンを見込む。

    愛知県は現在、基本構想の策定作業を進めており、この日は新たな整備イメージ図を公開した。(岩尾真宏)

    http://news.livedoor.com/article/detail/15774974/
    2018年12月21日 18時19分 朝日新聞デジタル

    no title

    引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1545385483/

    【トトロにハウル・・・「愛知ジブリパーク」、一部は22年に開業!】の続きを読む

    1: 名無しの旅人 2018/11/30(金) 16:23:49.00 ID:ZZZ6gsS10
    ワイ「やっぱ吉野家うめぇわ」


    わかるやつおるよな
    他県の飯屋ってなんか信用できない

    引用元:http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1543562629/

    【旅行中ワイ「うわっ、高っ! どこかに吉野家ないかなあ」 】の続きを読む

    このページのトップヘ