旅行行こうず!ー国内旅行まとめブログー

旅行に関するスレッドや、都道府県ネタをまとめたブログです。

    2018年11月

    1: 名無しの旅人 2018/11/27(火) 00:55:30.27 ID:CAP_USER9
    道央圏のラーメン店を主に紹介する人気シリーズ「ラーメン1000 最強の一杯」の2019年版が発売された。札幌のラーメンはみそ味で知られるが、近年は「しょうゆ味」を売り込む店が目立つことから、今回はしょうゆ味を特集した。

    札幌在住の編集者中松圭一さん(57)を中心とする「ラーメン1000プロジェクト」が発行し、10日から販売している。

    この本は03年版に始まり、今回で17冊目。しょうゆ味の特集は11ページで、日本の伝統的な調味料であるしょうゆの歴史と製造法に始まり、関東の濃い口など地域の特徴を紹介している。しょうゆ味にこだわるラーメン店主のインタビューや、しょうゆ味を目玉とする店の一覧も掲載している。

    北海道新聞
    https://www.hokkaido-np.co.jp/article/251188
    画像 「ラーメン1000 最強の一杯」の2019年版を手にする中松圭一さん。スタッフと食べ歩いて仕上げた
    https://static.hokkaido-np.co.jp/image/article/650x366/251/a09accdbd4231c69d1f0e6506422b31c.jpg

    引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1543247730/

    【【北海道】札幌ラーメン しょうゆ味の時代?】の続きを読む

    1: 名無しの旅人 2018/11/27(火) 03:37:29.33 ID:CAP_USER9
    http://www.minpo.jp/news/detail/2018112657774

    財団法人大阪都市協会が一九九二(平成四)年に発行した「暮らしと物価 大阪百話」によると、大阪名物のたこ焼きは一九三五(昭和十)年に誕生した「会津屋」の屋台で販売していた「ラヂオ焼き」にタコを入れたのが始まりという。
    考案したのは会津坂下町出身で会津屋初代社長の故遠藤留吉さん(一九九七年、九十一歳で死去)だ。縁日で定番のたこ焼きは、会津にルーツがあった。
     
    ラヂオ焼きは昭和初期、流行の最先端だったラジオ放送を屋台で流しながら販売していたため、その名が付いた。
    お好み焼きに似たもので、牛すじ肉やネギなどを入れていた。ただ、牛肉は冷めると脂が固まり風味が落ちる。
    冷めてもおいしい具材を求めた結果、行き着いたのがタコだった。弾力のある食感が人気を呼び、「たこ焼き」として戦後、あっという間に広まったという。
     
    留吉さんの孫で三代目社長の遠藤勝さん(46)は言う。
     
    「東北なまりで話す祖父の理想は会津の味でした。今でも、デパートの催事などで関西地方よりも東に出店するほど『懐かしい味だね』と言われます」
     
    会津屋の「元祖たこ焼き」は会津の郷土料理「こづゆ」が原点だ。生地に和風だしを効かせているため、ソースやマヨネーズをかける必要はない。熱した鉄板に生地を流し込み、空気を入れるようにしながら丸く形を整える。
    ふわふわ、さくさくの焼きたてはシュークリームに例えられる。
     
    初代留吉さんは商売で身を立てようと、家出同然で会津坂下の実家を飛び出した。三十歳を目前にした一九三五年、遠く離れた大阪の地で脳裏に浮かんだのが恋しい“おふくろの味”だった。
    母に作ってもらった「こづゆ」を思い出しながら、しょうゆベースの和風だしの生地を仕上げた。そのレシピは一子相伝で後継者だけが知る。開発から八十三年たった今も初代の味を守り続けている。
     
    会津屋の元祖たこ焼きは大阪を代表するソウルフードとして愛されている。一九九〇(平成二)年には鉄道会社のキャンペーンポスターに取り上げられた。
     
    -いやあ降参、と言わせるたこ焼きがあるというので訪ねてみたところ、なんと一日に一万個を焼く繁盛ぶり。大阪の人に育てられたこのたこ焼き-
     
    このキャッチコピーが会津屋の知名度をさらに高めた。今では、レストランなどの格付け本「ミシュランガイド」で「地域に愛されている五千円以下のお勧めの店」の掲載常連店となっている。
     
    会津の血を引く三代目勝さんはさらなる夢を描く。
     
    「食べるだけではなく、家庭で焼く楽しさを含めてたこ焼き文化を世界に広めたい」
     
    タコは「悪魔の魚」と呼ばれ、欧米で嫌われ者にされることがあるが、世界全体の消費量は増えている。
    大阪市内に立ち並ぶたこ焼き屋には、外国人観光客の姿も多く見られる。会津を起源とする「TAKOYAKI」は今では、訳す必要のない世界共通語になった。

    ※会津屋 1933(昭和8)年に大阪市で屋台から始まり、現在は大阪府を中心に9店舗を展開している。
    看板商品の元祖たこ焼きは15個入りで620円。2005(平成17)年には、たこ焼きの原形となったラヂオ焼き(12個で600円)を復活させた。

    ■優しさで包んだ味 取材メモ
     
    JR新大阪駅から地下鉄で約25分、大阪市南部に会津屋本店はあった。「会津屋」の名前が大きく入った赤い店舗の存在感は抜群。
    関西地方で見る会津の文字に自然と心が躍った。

    電子レンジが存在しない時代に「冷めてもおいしい」にこだわった初代社長の遠藤留吉さん。ふわふわの焼きたてはもちろん、冷めても和風だしの風味を十分に堪能できた。食べる人のことを第一に考えた味付けは、会津人の優しさに包まれていた。
     
    宅配も可能。冷凍たこ焼きは大阪市西成区の本店で職人が焼いた後、急速冷凍している。

    引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1543257449/

    【大阪名物「たこ焼き」起源は会津】の続きを読む

    1: 名無しの旅人 2018/11/26(月) 02:45:35.29 ID:WlXt0KOt0 BE:123322212-PLT(13121)
    東北で2番目に人口減少率が高い青森県が、仙台市近郊からの移住者の獲得に向けた取り組みを始めた。
    青森県からの転出先として東京都に次いで2番目に多い宮城県からUターンを促す考えだ。
    青森県の担当者は「関東圏だけではなく仙台にも目を向けて移住相談会などを続けたい」と意気込む。

    青森県は23日、仙台市青葉区で、移住希望者や移住を考えている人を対象に相談会を兼ねた交流会を開いた。
    県出身者ら15人が参加。昨年11月、仙台市から同県大鰐町に移住した山田晃平さん(33)と妻の友里子さん(39)がこれまでの経緯や暮らし方、働き方などを語った。
    実家のリンゴ農園を継ぐため移り住んだという晃平さんは「正直、不便なことは多いが、後継ぎをどうするかという両親の不安を解消することができた。
    環境が変わって自分の成長にもつながった」と話した。
    国の資料によると、2017年度の青森県から東京都、宮城県への転出者はそれぞれ4321人、3220人で、転出者全体の約32%を占めた。
    青森県は関東圏に加え、仙台市近郊にもUターン希望者が多いと考え、相談会を企画した。
    青森県は東京都内に常設の移住相談窓口を設けており、昨年度の利用件数は879件。
    「働き口はあるか」「子育て環境はどうか」といった相談が多く、実際に移住した人は37組64人に上る。一方、仙台市内で本年度に2回の相談会を開催したが、
    相談件数は3件にとどまっている。
    県地域活力振興課の担当者は「これまでは関東圏からの移住者獲得が主流だったが、仙台市近郊からもUターン、Iターン希望者を呼び込みたい。
    相談会の周知方法などを検討し、回数を重ねたい」と強調する。
    https://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201811/20181125_21001.html

    引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1543167935/

    【青森県「青森出身のみなさん、地元に帰ってきませんか?」】の続きを読む

    1: 名無しの旅人 2018/11/26(月) 12:31:56.90 ID:CHEhuPnL0 BE:422186189-PLT(12015)
    北海道TSUTAYA(本社・札幌市西区)とパッシブホーム(同・同市北区)の合弁会社、アイビーデザイン(同・江別市)はきょう21日、江別市牧場町14の1に“田園都市スローライフ”をコンセプトにした「江別 蔦屋書店」をオープンさせた。

    「食」「知」「暮らし」の3棟からなるライフスタイル提案型の大型複合商業施設で、それぞれの棟は「BOOK&CAFE」を中核に、自然に囲まれたゆったりくつろげる空間とした。

    ※動画
    https://youtu.be/1grTJtb7sYw


    https://hre-net.com/keizai/ryutu/34258/

    引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1543203116/

    【「江別 蔦屋書店」がデカすぎると話題、これどうやって本とるんだよww 】の続きを読む

    このページのトップヘ