旅行行こうず!ー国内旅行まとめブログー

旅行に関するスレッドや、都道府県ネタをまとめたブログです。

    2018年10月

    1: 名無しの旅人 2018/10/09(火) 21:45:02.37 ID:CAP_USER
    自ら栽培したヤマブドウなどを原料としたワインをデビューさせた、崇徳寺の佐々木眞萠住職=2日、大間町
    no title

    精進料理を前に、宿泊客と食前の短いお経「五観の偈(ごかんのげ)」を唱える菊池雄大院代=9月、大間町
    no title

    本州最北の街に“本業”以外で収入確保を目指す寺がある。青森県大間町奥戸の崇徳寺(佐々木眞萠住職)は従来の“寺ビール”に加え、10月から「卍(まんじ)ワイン サイレントスノー」の販売に乗り出した。
    同町大間の福蔵寺(菊池泰進住職)は今春から、1日1組限定の宿坊「普賢院」(院代・菊池雄大副住職)を開き、非日常の時間を求める国内外の観光客に人気を得ている。地方では過疎の進展で檀家が減少傾向にある中、いずれもお布施に過度に依存しない姿を模索した上での取り組みだ。

    崇徳寺の佐々木住職は、少ない檀家に負担を掛けないよう寺を維持したい―と、1993年、敷地内の自慢の湧き水をミネラルウオーターとして商品化(現在は販売中止)。酒造免許を取得の上、2002年に湧き水を活用した発泡酒の醸造を、03年にはビールの醸造を始めた。現在は青森県内各地からの委託分も合わせて、十数種類を取り扱う。

    17年7月には果実酒の醸造免許も取得。自ら畑で栽培したヤマブドウ改良種などを原料に、既存の醸造設備を兼用しながら18年6、7月に計千本を瓶詰め。瓶内熟成を経て、3日にデビューを果たした。

    ヤマブドウは採取後に氷温貯蔵して糖度が増したもので、さらにこだわりの輸入果汁をブレンド。香り豊かでフレッシュな味わいの商品に仕上げた。価格は720ミリリットル入り1932円、360ミリリットル入り1012円(ともに税抜き)。当面はワインのデビューに合わせて本堂裏に整備した直売所などで購入可能で、今後は寺ビールを取り扱うむつ市内の土産物店などでも販路を広げる考えだ。

    佐々木住職は「寺からの発信という特異性を生かしつつ、専門家の意見を聞きながら揺るぎないレシピを考案した。来年以降は白ワインやリンゴワインの商品化にも取り組みたい」と意気込む。

     ◇  ◇  ◇

    福蔵寺の菊池副住職は、永平寺(福井県)などでの修行を経て、17年11月に帰郷した28歳。過去に自身の祖父が観光向けに整備しながら廃寺となっていた普賢院について、「観光客や住民が憩える場所に」と一念発起し、周囲の反対を押し切って各施設をリニューアル。18年4月に宿坊としてオープンさせた。

    宿坊は1泊2食付き1万2千円(12月~翌年3月は1万800円、共に税別)。朝食でごま豆腐などの精進料理、夕食では大間マグロやお酒も楽しめるほか、朝夕のお勤めや座禅、写経なども体験可能だ。

    インターネットの宿坊サイト中心の集客ながら、1日1組限定の希少性が人気を呼び、「予想以上の反響。外国人客の利用もある」と菊池副住職。9月下旬に友人と3人で2泊した十和田市の相馬恵子さん(73)は「京都にでもいるような雰囲気で落ち着いた時間を過ごせた」と満足げだった。

    9月22日には念願の「寺社フェス」を開催。ジャズが流れる境内では納棺や座禅の体験も行われ、大勢の住民でにぎわった。菊池副住職は「来年は春にもフェスを開催予定。宿坊では希望者があれば、永平寺での生活のような“ハード”な内容にも対応しようかな」と目を輝かせる。

    デーリー東北新聞社 10/9(火) 6:31配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181009-00010000-dtohoku-l02

    引用元:http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/femnewsplus/1539089102/

    【【青森】卍ワイン、1日1組限定の宿坊 本州最北、お布施に頼らぬ寺へ】の続きを読む

    1: 名無しの旅人 2018/10/10(水) 06:57:37.76 ID:CAP_USER9
    世界遺産「明治日本の産業革命遺産」の構成資産で国の史跡に指定されている長崎市の端島(軍艦島)の見学通路などが台風25号の影響で損壊し、市は7日から一般客の上陸を禁止した。

    市が7日に被害を確認し、9日に発表した。

    市によると、風と波の影響で、見学通路に石やがれきが押し流されて柵が折れ曲がり、桟橋のコンクリート部分が一部損壊する被害が出たという。被害の範囲などからみて、2009年に通路などが供用開始されて以降、最大の損害とみられる。護岸やれんが造りの建物など、世界遺産の価値につながるものへの影響はないという。

    島には17年度に約30万人の観光客が訪れた。復旧の見込みは未定で、島の周りを船から見学することはできるが、上陸ツアーは禁止されている。(田中瞳子)

    http://news.livedoor.com/lite/article_detail/15420252/
    no title

    引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1539122257/

    【【世界遺産】長崎・軍艦島、一般客の上陸禁止へ 】の続きを読む

    1: 名無しの旅人 2018/06/07(木) 21:12:18.00 ID:xPuddO3W0
    彡(゚)(゚)「石川県?」(´・ω・`)「うん!」
    彡(゚)(゚)「どうせ大したことないやろ」(サンターバードノリー

    彡(゚)(゚)「ファッ!?なんやあの門!」

    (´・ω・`)「鼓門といって、金沢駅の玄関だよ!2005年に完成したんだ!」

    彡(゚)(゚)「へー、東京からも大阪からも名古屋からも乗り換え無しでこれるんか...」

    彡(゚)(゚)「石川県の名物はのどぐろ、香箱ガニ、能登牛……なんや旨そうなもの多いなぁ」

    (´・ω・`)「能登千枚田、千里浜なぎさドライブウェイ、白山連峰、加賀温泉郷など自然景観も多いんだよ」

    (´・ω・`)「他にも兼六園、金沢城石川門、21世紀美術館、ひがし茶屋街、百万石祭りもあって、根上町(現:能美市)には松井秀喜の博物館もあるんだよ!」

    彡(゚)(゚)「他にも花咲くいろはの湯涌温泉、のとじま水族館、ランプの宿って趣深そうな所多いし米、魚、肉、野菜、果物は旨い、8番らーめんや第7ギョーザ、アルバの金沢カレーも旨いなぁ」

    彡(゚)(゚)(´・ω・`)「みんなも石川県に来てみてね!」

    引用元:http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1528373538/

    【彡(゚)(゚)「石川県?」(´・ω・`)「うん!」 】の続きを読む

    1: 名無しの旅人 2018/10/08(月) 16:20:28.77 ID:CAP_USER
    「うさみ亭マツバヤ」3代目主人の宇佐美芳宏さん(左)
    no title

    伝統のきつねうどん。シンプルながら店主の“こだわり”がつまった絶品だ
    no title

    夏にうれしい「冷やしきつね」。一段と甘い“あげ”が疲れを忘れさせてくれる
    no title


    うどん発祥の地は福岡という説があり“うどんの日”は7月2日だという。しかし、大阪人はそんなことに関心がなく!?むしろ、気になるのは「きつねうどん」のこと。大阪・南船場に発祥の店があると聞き、明治26年創業の老舗ののれんをくぐってみた。

    数あるうどんメニューのなかでも大阪人のソウルフードといっていい「きつねうどん」。そのルーツは、やはり大阪にあり、120年以上も南船場で営業してきた。店は「うさみ亭マツバヤ」。心斎橋筋から東へ1本目の丼池ストリート沿いにある。引き戸を開けて店内に入ると懐かしい昭和の香りがした。

    主人の宇佐美芳宏さん(73)は3代目。「きつねうどん」のいわれを聞くと、初代・要太郎さんが、修業していたすし店「たこ竹」から独立するにあたって、業種が重ならないようにうどん店「松葉家」をオープンしたのがそもそもの始まりだという。これが明治26年のことだった。

    「かけうどんに“添えもん”として、甘いおあげさんを出したそうです。すし職人ですから当然おいなりさんも作っていました」

    当初はおいなりさんからきつねを連想し、それをもじって「こんこんうどん」と呼んでいたという。ところが、せっかちな客があげをうどんに入れて食べるようになり、店側もこれに合わせて最初からうどんにあげを乗せるように。それと同時に「きつねうどん」として定着した。

    店は船場の問屋街にあるが、周囲はマンションやホテル、駐車場に変わった。
    「昔はすごい人通りで、1日200杯ほど出てました」。風景は変わったが味は変わらない。「きつねうどん」の値段も1杯580円と踏ん張っている。

    気になるあげは京都の錦市場、うどんは小麦の名産地と知られる筑後いずみから取り寄せている。味の決め手となるだしのベースは利尻昆布とかつお節は本節、ソウダ節、サバを使用。しょうゆは松江と竜野からと、とことんこだわっている。

    早速、きつねうどんをツルツルッといただき、勢い余って冷やしきつね(650円)も注文。見た目は濃い感じだが、どちらもいいだしが出ている。特に冷やしのきつねのあげは一段と甘く、たまっていた疲れを一瞬、忘れさせてくれた。

    おじやうどん(780円)も看板メニューのひとつだ。南部鉄器にご飯とうどん、それにかしわ、穴子、シイタケ、かまぼこ、きざみあげ、ネギ、しょうがなどを入れ、煮込んだもの。シラサエビとサワラの入った鍋焼き風の大阪うどん(1000円)も好評だ。

    「(明治)維新から150年ですから結構長いこと続いてます」と宇佐美さん。
    きつねうどんの聖地へは大阪メトロ・心斎橋駅から徒歩10分弱。大阪人もそうでない人も120年超えの伝統の味を試してみてはいかが。(デイリースポーツ特約記者・山本智行)

    デイリースポーツ 2018.10.08.
    https://www.daily.co.jp/society/life/2018/10/08/0011706220.shtml

    引用元:http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/femnewsplus/1538983228/

    【【大阪】なぜ「きつねうどん」という名前に? 大阪人のソウルフード発祥の店に聞く】の続きを読む

    このページのトップヘ