旅行行こうず!ー国内旅行まとめブログー

旅行に関するスレッドや、都道府県ネタをまとめたブログです。

    2018年10月

    1: 名無しの旅人 2018/10/24(水) 23:49:46.15 ID:CAP_USER
    一般公開が始まったD51(筑西市で)
    no title

    D51について語る山崎さん(千葉県白井市で)
    no title


    筑西市茂田にある民間の複合娯楽施設「ザ・ヒロサワ・シティ」で、「デゴイチ」の愛称を持つ蒸気機関車「D51」の一般公開が始まった。自宅の庭で保管していた千葉県白井市の元消防職員山崎正夫さん(65)から無償で譲り受けた。

    施設に展示されているのは、1944年製造の「D51―1116」。東北線や常磐線でも活躍し、76年に北海道の岩見沢機関区で廃車になった。山崎さんによると、陸軍の鉄道連隊に所属していた義父が戦後、旧国鉄から購入し、77年に北海道から埼玉県の大宮駅まで自走。トレーラーで自宅近くに運ばれ、庭に線路を仮設して置いていた。

    ただ、これまでに2回計約700万円をかけて塗り直しており、所有を続けると子供に負担をかける可能性もあるため、山崎さんは大事に保存してくれる引き取り先があれば譲ってもいいと考えていたという。

    施設を経営する広沢商事がこの話を知り、輸送費や撤去費の負担を条件に譲渡を受けた。今月9日に搬入された。庭では一般公開していなかったといい、山崎さんは読売新聞の取材に対し「多くの人に喜んでもらえるのは、デゴイチにとっても幸せ。一度は見に行きたい」と話した。

    20日に施設を訪れた栃木県芳賀町の会社員今井裕道さん(53)は「貴重な展示物なので、大事にしてもらいたい」と話し、カメラ付きのスマートフォンを手に笑顔で撮影していた。

    読売新聞 2018年10月23日
    https://www.yomiuri.co.jp/local/ibaraki/news/20181023-OYTNT50028.html

    引用元:http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/femnewsplus/1540392586/

    【【鉄道】「デゴイチ」筑西で一般公開 千葉の男性が譲渡、「多くの人に喜んでもらえ幸せ」】の続きを読む

    1: 名無しの旅人 2018/10/24(水) 17:46:52.37 ID:CAP_USER9
    JR西日本が、京阪神を走る新快速の一部に「Aシート」を導入。快適性を高めた有料座席です。

    2019年春運行開始

    JR西日本は2018年10月24日(水)、新快速の一部に有料座席サービス「Aシート」を導入すると発表しました。
    no title


    「Aシート」が設定される新快速用223系1000番台の9号車の外観イメージ(画像:JR西日本)。

    琵琶湖線、JR京都線、JR神戸線(北陸本線、東海道本線、山陽本線)を走る新快速が対象。12両編成のうち1両(9号車)に快適性を高めた有料座席が設けられます。

    内装は落ち着きのある空間に変更。座席はリクライニング機能やテーブルが付いたタイプに変わるほか、JR西日本の在来線普通車では初という電源コンセントも全席に付きます。また、無料Wi-Fiや荷物スペースも導入されます。

    着席料金は500円、着席定員は46人です。利用する際は、空いている席に座り、乗務員から現金や交通系ICカードで乗車整理券を購入します。

    no title

    車両は223系1000番台の2編成(2両)を改造。2019年春から1日あたり上下4本が運行される計画です。

    JR西日本は「近畿エリアの基軸列車である新快速に『快適性』を加え、多様なお客様のニーズにお応えすることで、『住みたい、行きたい』沿線づくりを目指してまいります」としています。

    http://news.livedoor.com/article/detail/15491456/
    2018年10月24日 14時50分 乗りものニュース

    引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1540370812/

    【【鉄道】新快速に有料座席「Aシート」導入 コンセント、無料Wi-Fi、テーブル付き JR西日本】の続きを読む

    このページのトップヘ