旅行行こうず!ー国内旅行まとめブログー

旅行に関するスレッドや、都道府県ネタをまとめたブログです。

    2018年01月

    1: 名無しの旅人 2018/01/28(日) 16:44:52.05 ID:IkbnIVu/0 BE:695656978-PLT(12000)
    多くの中国人観光客が日本を訪れているが、彼らの訪れる観光地に変化が起きている。
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180127-00010003-houdouk-life

    なぜ青森に?中国人観光客が殺到するワケ

    これまでは「京都~富士山~東京で買い物」が定番だったが、最近は「中国人の行かないところ」を求める傾向があるようだ。

    意外に雪景色のない中国

    高嶋:
    青森で何を見たりするのでしょうか?

    富坂:
    意外に日本人も気づいていないですが、十和田湖のきれいさや、雪国ならではの美しい景観を楽しんでいます。中国人は雪を見るだけでも喜びます。

    北京はこの季節、夜中だとマイナス20度を超えたりしますが、気温の割には雪がきれいに降らないのです。東京よりも雪に弱くて、少し降るだけで首都機能がパンクしてしまう。

    その意味で言うと「きれいな雪景色」というのが、あまりありません。黒い雪が降ったりしますし。

    引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1517125492/

    【【何故?】青森県が中国人に大人気!】の続きを読む

    1: 名無しの旅人 2018/01/28(日) 16:43:46.89 ID:rBP3PFXa0 BE:232392284-PLT(12000)
    ツインリンクもてぎ内の「ホンダコレクションホール」は、開館20周年を機に1階の展示エリアを一部リニューアルし、新展示「Honda 夢と挑戦の軌跡」を3月17日から公開する。

    ホンダコレクションホールは1998年、ツインリンクもてぎ内にオープン。
    ホンダを代表する二輪、四輪、汎用製品、レーシングマシンなど約300点を展示しており、2018年3月に開館20周年を迎える。

    新展示「Honda 夢と挑戦の軌跡」では、創業期の事業足跡を3つのテーマ「夢のはじまり」「夢の実践」「夢の拡大」で構成。
    夢の萌芽から夢の実現に向けた創業者・本田宗一郎の発想と歩みを当時の時代背景とともに紹介する。
    展示品は「自転車用試作エンジン」「ドリームD型」「CA100」「RC142」「スポーツ360(復刻車両)」「F60」など。また新たな試みとして、これらの展示品に加え、「創業者の肉声放映」や当時のレーシングマシンの設計図面、社内報、カタログを掲載するなど、ユニークな構成となる予定だ。

    あわせてホンダコレクションホールでは、展示車両の走行イベントをさらに充実させる。
    例年開催の「レースマシン公開走行確認テスト」「ホンダコレクションホール中庭ミニコース・ウイークエンドラン」のほか、2018年は市販車の走行イベントを開催。
    3月17日・18日は新展示公開記念として、「ホンダA型」「スーパーカブC100」「S600」「シビック CVCC」などが、7月16日および9月24日には開館20周年記念として、「ドリーム CB750」「CBX1000」「カブ号F型」「N360」「NSX」などが登場する。

    https://response.jp/article/2018/01/23/305096.html

    引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1517125426/

    【車系の博物館って最高だよな 】の続きを読む

    OER_Kyodo_station

    1: 名無しさん 2018/01/28(日) 12:36:20.03 ID:6GwybEnF0
    大学生「え?」

    ワイ「止まるからw経堂w 分からんなら黙っておいた方がええぞw」

    大学生「そ、そうでしたか。すみません……」

    婆「あ、ありがとうございます……」

    ワイ「ええよww」


    そして通過する経堂

    引用元:http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1517110580/

    【婆「この電車は経堂駅は止まりますか?」 大学生「ええと、多分止まりません…」 ワイ「プッw」 】の続きを読む

    1: 名無しの旅人 2018/01/27(土) 23:33:13.42 ID:Z8XWdebp0 BE:754019341-PLT(12345)
    「草津よいとこ、おいで…」温泉に被害なしPR
    http://www.yomiuri.co.jp/national/20180127-OYT1T50091.html
    草津白根山(群馬県)の噴火後、初の週末を迎えた27日、麓の草津町にある草津温泉街では観光客向けのイベントが行われた。

    普段の週末と比べて温泉街を散策する人の姿は少なく、町や観光団体は噴火の影響を抑えようと懸命だ。

    温泉街を代表する観光スポットの湯畑。近くの石段に並べられた約1500本のキャンドルが、午後6時頃から次々にともされた。
    1泊2日で訪れた長野市の介護職員(41)は、1週間前に宿の予約をした。予約後の23日に噴火があり、「あれこれ調べた」というが、「温泉街は大丈夫と思って来た。幻想的なキャンドルの光景も見ることができ、良かった」と満足そうに話した。

    このイベントは、草津温泉旅館協同組合などが噴火前から企画。組合の黒岩裕喜男理事長は「草津温泉には被害がなく、元気にやっていることを発信していきたい」と力を込めた。

    引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1517063593/

    【草津温泉「観光客、こいよ!」 】の続きを読む

    このページのトップヘ