旅行行こうず!ー国内旅行まとめブログー

旅行に関するスレッドや、都道府県ネタをまとめたブログです。

    1: 名無しの旅人 2019/09/10(火) 13:40:49.78 ID:zwC9jWqm9
    宮古島市では、ホテルの建設ラッシュが続く。ホテルで働く従業員のためのアパートも市内のあちこちで建築中だ
    沖縄本島から南西へ約300キロメートルの距離に位置し、大小6つの島で構成される宮古島市。人口約5.5万人のこの街が今、国内外からの観光客急増によって、住民たちが一様に「バブル」と語るほどの好景気に沸いている。

    宮古島市は以前からサンゴ礁やビーチ、ダイビングスポットで知られる観光地だが、2014年度に入域観光客数が100万人を突破した八重山地域(石垣市、竹富町)に比べると、観光客誘致では大きく水をあけられていた。
    ところが、この数年で状況が一変。14年度に43万人だった観光客数は昨年度に114万人を記録し、わずか4年間で2.6倍にまで激増したのだ。

    その大きな契機となったのが、15年1月の伊良部大橋開通だ。宮古島と伊良部島を結ぶ3.54キロメートルの伊良部大橋は、無料で通行できる橋としては国内最長。
    「宮古ブルー」に輝く海の上を橋が延びていく景色は圧巻で、SNS映えする絶景撮影スポットとして大きな話題になり、国内外からの観光客急増をもたらした。

    続きソース
    https://premium.toyokeizai.net/articles/-/21438

    引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1568090449/

    【【沖縄バブル到来】大橋開通でホテルラッシュ、沖縄・宮古島の観光バブル 観光客数はわずか4年で2.6倍に 】の続きを読む

    1: 名無しの旅人 2019/09/10(火) 06:50:14.07 ID:5YyG5/Ov9
    ユニバーサル・シティウォークにある、たこ焼ミュージアム『TAKOPA』。

    ここでは、大阪の街のキタ~ミナミにあるたこ焼を食べ比べができる人気の施設です。今回は筆者が全店食べ歩いた感想を、各店舗と比較しながらお伝えします!

    no title


    1.【天神橋筋】玉屋
    no title


    オマール海老や、生たこ・昆布、イリコなどの海の幸や、鶏ガラ、豚骨、春野菜……などなど、全20種類の食材で煮込んだ“究極の出汁”が魅力のたこ焼店です。

    no title

    ・岩塩マヨネーズ 5個450円

    大きさ:★★★★☆ コスパ:★★★☆☆

    玉屋で一番人気のメニューで、ソースで食べるのではなく、“塩とマヨネーズ”で食べるたこ焼です。

    no title


    3日間かけてじっくり煮込んだ出汁。

    その旨味が溶け出す生地のとろとろ感は本当に絶妙でした!

    2.【西中島南方】十八番

    no title


    ちょっと変わり種なたこ焼を食べたいな……と思う方にオススメなのが『十八番』です。

    no title


    ・わさび醤油 8個600円

    大きさ:★★☆☆☆ コスパ:★★★★☆

    まずは、丸いたこ焼をぎっしりと覆う“天かす”が一番の特徴! “わさび×醤油×海苔”で食べる斬新さが人気の一品です。

    no title


    さらに、十八番では、マヨネーズがかけ放題!

    マヨラーには嬉しいサービスですね。

    3.【阿倍野】やまちゃん

    no title


    生地のおいしさに定評のある『やまちゃん』。

    鶏ガラ+野菜+果物を10種類以上合わせて煮込むスープがもとになっており、非常に風味豊かです。

    no title


    ・醤油マヨ 6個600円

    大きさ:★★★★☆ コスパ:★★☆☆☆

    出汁の味が一層引き立つ、とろみのある醤油を使った『醤油マヨ』が人気です。

    no title


    特注の分厚い鉄板で、高温で時間をかけてじっくり焼かれるため、6店の中で一番熱々、そして中はトロトロでした!

    https://news.livedoor.com/article/detail/17056682/
    2019年9月9日 20時0分 icoico

    引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1568065814/

    【【地域】大阪のたこ焼が集結!たこ焼ミュージアム「TAKOPA」全店食べ比べ 】の続きを読む

    このページのトップヘ