旅行行こうず!ー国内旅行まとめブログー

旅行に関するスレッドや、都道府県ネタをまとめたブログです。

    1: 名無しの旅人 2018/12/12(水) 04:12:29.86 ID:CAP_USER9
    温泉ブームで都市近郊の入浴施設がにぎわう中、温泉通や地元住民などに親しまれてきた秘湯の一軒宿などが、今年相次いで閉館した。施設の老朽化や後継者難などが理由で、温泉愛好家らからは惜しむ声が上がっている。

    今年閉館したのは、いずれも100年以上の歴史を誇る「馬追温泉旅館」(北海道長沼町)や、蟠渓ばんけい温泉の「伊藤旅館ひかり温泉」(壮瞥町)、ニセコ昆布温泉郷の「鯉川こいかわ温泉」(蘭越町)など、少なくとも5軒に上る。

    馬追温泉は1908年創業の一軒宿。10月31日に4代110年続いた歴史に幕を閉じた。開湯以来、約800メートル離れた岩の間から湧き出す冷泉(単純硫黄泉)を旅館まで引き、沸かして提供していた。春にはエゾヤマザクラが咲き誇り、札幌から車で約1時間という近さもあって多くの温泉ファンに愛されてきた。

    9月の北海道地震で特に被害はなかったが、60年代に建てられた建物や施設が老朽化し、後継者もいないことから、飲食店営業許可の期限が切れる10月末のタイミングでの閉館を決めたという。

    道内の2016年度の温泉宿利用者数は全国トップの1315万人で、5年前から2割も増えるなど、「温泉熱」は高まる一方だ。札幌市の豊平峡温泉が大手の旅行サイトのランキングで1位に輝いたほか、ススキノや狸小路の入浴施設が連日にぎわいをみせている。

    「近くに大きな日帰り入浴施設がいくつもできて、とても太刀打ちできない」と、馬追温泉旅館の元女将、新納博子さん(58)は打ち明ける。ただ、施設の買い取り希望を数件受けているといい、「どなたかが再開してくれれば」と期待する。

    (ここまで682文字 / 残り412文字)
    https://www.yomiuri.co.jp/economy/20181211-OYT1T50101.html

    引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1544555549/

    【秘湯の一軒宿「日帰り温泉に勝てず」・・・相次ぎ閉館 】の続きを読む

    kousou_hotel

    1: 名無しの旅人 2018/09/26(水) 01:14:03.12 ID:8iwcQ4BDr
    クリアクルーラー飲んでテレビで訳わかんねー地方の番組みて大浴場(超ボロい)入ってオナニーしてエアコンガンガンで最強やで

    引用元:http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1537892043/

    【ビジネスホテルっていいよね 】の続きを読む

    1: 名無しの旅人 2018/12/10(月) 23:27:11.52 ID:CAP_USER9
    現在、阪急電鉄が京都線で運行している観光特急「京トレイン」の2編成目となる「京とれいん 雅洛(がらく)」を2019年3月に導入すると発表しました!

    現在運行中の「京とれいん」は2011年3月から梅田~河原町間で運行し ている観光特急で、今回新たに導入される雅洛は現行のデザインを継承しつつも「ご乗車されたときから京都気分」をコンセプトに、五感で京都を感じられるデザインに変更。

    日本人が見てもこのデザインには驚きですが、京都観光に来た海外観光客の方がこの列車に乗ったら思い出に残ること間違いないでしょう。”日本の列車はこういうもの”と思われても他社のハードルが上がってしまうから困っちゃいますが(笑)

    また、「京とれいん 雅洛」は乗車のたびに京都気分を楽しめるように、6両編成の1両 ごとに季節を定めてすべての車両が異なる外観や車内デザインになっているそうなのです。
    外装からして和風極まりないデザインになっていますが、内装の細かな部分にも京都的で日本的なデザインがあしらわれていますので、じっくりと和風なひとときが過ごせそうですね。

    「京とれいん 雅洛」の運行開始は、2019年3月を予定しています。

    京とれいん 雅洛 阪急電鉄
    http://news.livedoor.com/lite/article_detail/15720718/
    no title

    no title

    引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1544452031/

    【和風ここに極まれり!阪急電鉄、京都色が満載の観光特急「京とれいん 雅洛」を発表!】の続きを読む

    1: 名無しの旅人 2018/12/10(月) 09:34:52.17 ID:h7wCjYwH0 BE:837857943-PLT(16930)
    観光で行きたい都道府県ランキング2018ベスト10!2位京都、1位は?

    国内旅行をする人が増えている。2014年には5億9522万人だった日本人の国内旅行者数は、15年6億472万人、16年6億4108万人、17年6億4720万人と、ここ数年で5000万人近く増加した(観光庁「旅行・観光消費動向調査」平成30年2月)。
    では、国内旅行の候補に挙げられる、観光で行きたい人気の都道府県はどこなのか。ブランド総合研究所が行った「都道府県観光意欲度ランキング2018」を見ていこう。(有効回答数:全国3万24人)。

    観光したい都道府県1位は北海道!

    北関東+埼玉はワースト4位に

    2018年の都道府県「観光意欲度ランキング」1位に選ばれたのは北海道で、なんと09年から10年連続のトップとなった。点数は11年以降継続的に低下傾向にあったが、16年を底に下げ止まっている。

    2位は京都、3位沖縄県、4位東京都、5位奈良が続き、上位5位の顔ぶれは09年から全く同じで変わっていない。

    一方、ランキング下位に目を移すと、茨城県が10年連続最下位という結果になった。同じ北関東の栃木県は44位、群馬県は45位、そして埼玉県は46位と、北関東3県と埼玉県がワーストを占める構図も前年と同じだった。

    https://diamond.jp/articles/-/187882
    https://dol.ismcdn.jp/mwimgs/d/6/670m/img_d60a1f53e385b56c03371e0397dc5889120791.jpg

    引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1544402092/

    【観光で行きたい都道府県ランキング2018ベスト10!】の続きを読む

    このページのトップヘ