旅行行こうず!ー国内旅行まとめブログー

旅行に関するスレッドや、都道府県ネタをまとめたブログです。

    1: 名無しの旅人 2019/02/22(金) 22:01:40.79 ID:Fj/GfC3G9
    自衛隊カレー 新ご当地グルメに

    *ソース元にニュース画像あり*

    http://www3.nhk.or.jp/lnews/nagasaki/20190222/5030003304.html
    ※NHKローカルニュースは元記事が消えるのが早いので御注意を

    佐世保市にある海上自衛隊や陸上自衛隊の部隊などで隊員に提供されているカレーを、新たなご当地グルメにしようと、佐世保商工会議所はそれぞれの機関と協定を結び、市内の飲食店などで提供する事業を進めることになりました。

    佐世保商工会議所は、佐世保市にある海上自衛隊佐世保地方総監部のほか、陸上自衛隊水陸機動団、それに佐世保海上保安部などと協定を結び、それぞれのレシピを再現したカレーを、市内の飲食店などでご当地グルメとして提供する事業を進めることになりました。

    22日は、佐世保商工会議所で協定の締結式が行われ、それぞれの機関のトップらが事業協定書に署名しました。
    事業では、無償で提供されたレシピを佐世保市内の飲食店などで再現し、それぞれの機関から認定を受けたうえで、メニューのひとつとして提供することになっています。

    海上自衛隊の艦船では航海中、曜日の感覚を保つため毎週金曜日にカレーを食べる習慣があり、海上自衛隊の基地がある神奈川県横須賀市や広島県呉市などでは、自衛隊と地元の団体が連携し、ご当地グルメとして定着させようという動きが広がっています。

    佐世保商工会議所によりますと、ひとつの街で海上自衛隊や陸上自衛隊、それに海上保安部のカレーが同時に楽しめるのは全国でも珍しいということで、22日から来月8日まで事業に参加する飲食店を募集して、大型連休前までに提供を始めたいとしています。

    02/22 17:20

    引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1550840500/

    【自衛隊カレーを新ご当地グルメに!海自、陸自、海上保安部の各レシピ無償提供へ・佐世保】の続きを読む

    1: 名無しの旅人 2019/01/21(月)19:30:44 ID:B8J
    四国新幹線やろうなぁ

    引用元:http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1548066644/

    【「四国新幹線」、「山陰新幹線」、「奥羽新幹線」の中で一番できてほしいのは?】の続きを読む

    1: 名無しの旅人 2019/02/22(金) 16:36:40.91 ID:aZQSceO+9
    http://news.livedoor.com/article/detail/16058872/

    ダムをモチーフにしたカレー「ダムカレー」が「不謹慎」と訴える記事が建設系のメディアに掲載され物議を醸している。
    国内のダムカレーの情報を集めている日本ダムカレー協会は、この主張に「過疎化に悩むダム水源地の方々が考えだしたもの」と反論。
    多くの批判が集まり、不謹慎と訴える記事は削除された。  
       
    物議を醸したのは、建設系メディア「施工の神様」に掲載された「ダムカレーは不謹慎だ、ふざけるな!被災地の土木屋が大激怒」という記事。
    執筆者は災害の復興工事に携わっている土木技術者で、「ダムカレー、ビルカレーという、こうした名称のカレーの存在を知った私は、実に不愉快で、怒りを感じざるを得なかった」という。

    執筆者によると、ごはんをダム、カレールーを貯水池に見立てた「ダムカレー」の壊して食べるという行為は、多くの人が亡くなり、家屋やビルが倒壊した悲惨な災害を連想させ、「悪ふざけにもほどがある」とのこと。「被災などが続いているこの状況で、あまりにも軽率な行動ではないだろうか」、被災地の状況を見ても「ダムカレー、ビルカレーを壊して食べることができるだろうか」と疑問を呈している。
    さらに、「GUCCIのセーターが黒人差別を連想させるとして販売中止となったが、あの事件とも似た不快感を、ダムカレーとビルカレーに感じざるを得ない」とも主張。「私にとって、ダムカレー、ビルカレーは、施工管理技士に対する侮辱であるとハッキリ言わせてもらう。やめていただきたい!」と締めくくった。

    この記事に対し、日本ダムカレー協会はTwitterで「多くのダムカレーは、過疎化に悩むダム水源地の方々が考えだしたものです。ダムカレーで、少しでも活気が取り戻せたらという気持ちから誕生しています」とコメント。他にも、「食べるときに壊れるのはあくまでライスであって、ダムじゃないぞ!」「ダムカレーは『郷土愛』『ダム愛』から生まれた芸術作品なんだ。狭量な批判など一切気にせず作り続けてほしいと思います」といった批判が寄せられ、記事は削除された。


    ダムカレー   
    no title

    引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1550821000/

    【「『ダムカレー』は不謹慎。壊して食べる行為が悲惨な災害を連想させ悪ふざけ!」批判記事が物議、日本ダムカレー協会は反論】の続きを読む

    1: 名無しの旅人 2019/02/21(木) 19:44:28.12 ID:rlh5Qa8/0 BE:123322212-PLT(13121)
    京都観光の閑散期とされてきた冬に異変が起きている。訪日外国人を中心に観光客が増え、繁忙期である春や秋との差が縮まっているのだ。
    旧正月(春節)の大型連休に来日する中国人が増えたほか、冬季限定のイベントの効果が出ているとみられる。
    繁忙期と閑散期の差が縮まることで、観光産業の雇用の安定が期待され、京都市は修学旅行を冬に誘致するなどの取り組みも始めている。

    格差が半減

    市の調査によると平成15年は、月別の観光客が最も多かった11月(666万人)と最も少なかった2月(186万人)とでは約3.6倍の格差があった。
    これに対し29年は、最多の3月は543万人、最少の9月が373万人と格差は約1.5倍まで狭まった。

    京都市観光協会が市内のホテル37カ所を対象にした調査でも、30年1月の客室稼働率は73.4%と、27年の68.6%から上昇。
    外国人の利用割合は32.8%と27年から9.6ポイント上がった。

    繁忙期の4月や11月の稼働率はすでに飽和状態で、前年までと比べて低下か横ばいなのに対し、冬の観光客数は右肩上がりだ。

    主な要因として、1月下旬から2月上旬にかけての春節の時期に訪れる中国や台湾などの中華系観光客の増加が挙げられる。
    同協会は「中華圏の人口や経済規模はまだ成長しており、冬の観光客は今後も増えるだろう」と予測する。

    雇用安定も期待

    一方、春は桜、秋は紅葉という見どころがあるが、冬は観光資源が少ないことが長年京都観光の課題の一つとされてきた。
    そこで市などは冬限定の催しとして非公開文化財を特別公開するキャンペーンや、観光名所・嵐山の竹林や渡月橋のライトアップを実施し、効果も出ているという。

    閑散期と繁忙期の観光客数の差が縮まれば、ピーク時に合わせて受け入れ能力を設定している宿泊施設や交通機関などの無駄の軽減につながる。
    また季節による収益の変動が少なくなり、雇用も安定する。

    市は春や秋に多い修学旅行を、冬に来てもらうよう勧める対策を強化。職員や観光関係者が全国の学校を訪問し、人気の観光地が混雑していないことや、旅館の予約が取りやすいなどの利点を挙げ、1~3月の実施を呼びかけている。

    全文
    https://www.sankeibiz.jp/econome/news/190221/ece1902211200006-n1.htm

    引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1550745868/

    【京都市、冬も観光客だらけになって閑散期消滅へ・・・】の続きを読む

    tsutenkaku_osaka

    1: 名無しの旅人 2018/12/29(土) 07:49:46.03 ID:gxVqoDol0
    外国人観光客が増えたとイキってるが実際は関空利用者が増えただけという

    引用元:http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1546037386/

    【大阪さん、ガチのマジでまともな観光地が海遊館しかない 】の続きを読む

    このページのトップヘ