旅行行こうず!ー国内旅行まとめブログー

旅行に関するスレッドや、都道府県ネタをまとめたブログです。

    1: 名無しの旅人 2019/09/15(日) 22:57:48.31 ID:0oKpzAzh9
    大分県中津市で、1か所で調理したから揚げの量の世界記録に挑戦する催しが開かれ、1600キロ余りを揚げてギネス世界記録に認定されました。

    世界記録への挑戦が行われたのは、鶏のから揚げが名物の大分県中津市で開かれた「から揚げフェスティバル」の会場です。

    おととし、鳥取県の鶏肉の加工会社が達成したこれまでのギネス世界記録の1530キロを上回ろうと、18のから揚げ専門店が、それぞれのブースで朝6時から一斉にから揚げを揚げました。

    できあがったから揚げは、計量の資格をもつ専門家が重さを図り、巨大な箱に次々に入れられていきました。

    そして、ギネス世界記録の公式認定員が、計量に誤りがないかなどを慎重に確かめたうえ、1667キロのから揚げを揚げて、新たに記録を達成したことを発表し、イベントの実行委員会に認定証を手渡しました。

    このあと、大量のから揚げはパックに詰められて販売され、大勢の人たちが買い求めていました。

    訪れた男性は「ものすごい量のから揚げで驚きました。地元でギネス記録が更新されてうれしいです」と話していました。

    09月15日 13時06分
    https://www3.nhk.or.jp/lnews/oita/20190915/5070004798.html
    no title

    引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1568555868/

    【【大分・中津】「ものすごい量のから揚げで驚きました」…から揚げギネス記録を更新 1667キロ】の続きを読む

    1: 名無しの旅人 2019/09/14(土) 03:55:09.88 ID:h8I/7MRO0● BE:842343564-2BP(2000)
    白いカキフライ、広島県が発案 白さの謎は
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190913-00000081-asahi-soci

    no title

    広島を世界一おいしくカキが食べられる街へ――。そんな目標を掲げる広島県は12日、油やパン粉、揚げ方などにこだわった新しいカキ料理「白いカキフライ」を開発したと発表した。11月上旬ごろから、広島市内の飲食店などで食べられるという。

    【写真】広島県が開発した白いカキフライを食べる湯崎英彦知事=2019年9月12日午前、広島県庁、松島研人撮影

    生でも食べられる新鮮なカキを生パン粉で包み、ラードで揚げた。一般的なカキフライが約180度の油で揚げるのに対し、約130度の低温で数分かけてじっくり揚げることで、真っ白な衣に仕上がるという。

    広島はカキの生産量と1人当たり消費量がともにダントツの全国1位。
    だが県の調査によると、広島を訪れる観光客の62・3%は「カキを食べることを楽しみにしている」のに対し、「観光客にカキを最もおすすめする」と答えた県内在住の人は1・7%にとどまる。県はカキの魅力を県民に再認識してもらい、観光客に広めてもらおうと、カキを使った新たな看板メニューの開発に乗り出した。

    県が主導し、料理人やカキ生産者らで立ち上げたチーム「牡蠣(かき)食う研」が開発に着手。素材や揚げ方にこだわった新しいカキフライを開発した。

    試食した湯崎英彦知事は「かんだ瞬間に海の香りが広がった。はじめて食べる味」と驚いた様子。「広島が観光客に自信を持っておすすめできるカキ料理として浸透してほしい」と期待を寄せた。

    引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1568400909/

    【白いカキフライの秘密は? 広島県が発案 】の続きを読む

    このページのトップヘ