旅行行こうず!ー国内旅行まとめブログー

旅行に関するスレッドや、都道府県ネタをまとめたブログです。

    1: 名無しの旅人 2019/03/25(月) 08:36:30.97 ID:kDy2aFsZ9
    LCCのピーチ・アビエーションが最新モデルの座席を導入した機内にMBSのカメラが初めて入りました。快適さのポイントは「15度」だそうです。

    最新モデルの座席を採用したというエアバスA320ceoの機内に入ると…。

    「すでに少し倒れていて、固定されているシートになります」(ピーチ・アビエーション広報部 ユルドゥルム・ファーティさん)

    背もたれが、あらかじめ後ろに15度倒れた状態で固定されています。これ以上はリクライニングできないにもかかわらず、快適さは向上したといいます。実際に記者が座ってみました。

    「思ったより背もたれが倒れている感じがして、前との圧迫感もほとんどありません」(記者リポート)

    思い切った決断の背景には、こんな理由も…。

    「基本的に4時間以内のフライトなので、4時間以内であれば最初から(シートが)倒れた状態でも人々は不満に思わないのではないかと」(ピーチ・アビエーション広報部 ユルドゥルム・ファーティさん)

    さらに座席の厚みにも変化が。従来よりスリムになったことで前の席との間が4センチ近く広くなり、足元のスペースにも余裕がでたといいます。早ければ、週末からフライトする予定です。

    /22(金) 19:11
    MBSニュース
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190322-00027094-mbsnewsv-bus_all
    no title

    引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1553470590/

    【【航空】LCCピーチに新座席 ポイントは「15度」 リクライニング不可、固定なのに快適 A320ceo 】の続きを読む

    1: 名無しの旅人 2019/03/25(月) 08:54:16.24 ID:afnqC7hA9
    坊勢漁業協同組合(兵庫県姫路市家島町坊勢)の漁業体験見学船「第八ふじなみ」が24日、姫路市白浜町の妻鹿漁港で披露された。4月ごろから、漁を間近で見られるツアーを計画。漁業活性化に向けてPRする。船内を見学した親子連れらは、地形や障害物を細かく把握するレーダーなど最新鋭の設備に興味津々だった。

    全長24・4メートルで19トン。1階船室に40人、2階デッキに20人の計60人乗り。トイレとエアコンを完備。約1・5億円をかけて造った。

    通年の底引き網漁のほか5、6月には、船が2隻一組で囲い込んでいく「はなつぎ網漁」でのサワラ漁がある。秋冬にはいけすで育てるブランド魚「ぼうぜ鯖」の餌やりなど、季節に応じたプランで集客を図る。

    この日は「姫路とれとれ市場」のオープン4周年イベントに合わせ、船内を開放。的形小4年の女児(10)は「新しい装置がいっぱいで面白い」と喜んだ。坊勢漁協の男性(55)は「体験見学で、魚がいかに丁寧に食卓に届けられているかが伝わる。漁業を志す若手の発掘にもなれば」と期待する。

    体験見学は妻鹿漁港発着。30人まで一律10万円(税別)など。坊勢漁協T E L略
    (井上太郎)

    神戸新聞 3/25(月) 8:30
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190325-00000003-kobenext-l28

    引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1553471656/

    【【兵庫】漁協が10万円ツアー 1.5億円の漁船で漁業見学はいかが 】の続きを読む

    1: 名無しの旅人 2019/03/24(日) 09:22:05.44 ID:ylznziub9
    長崎県佐世保市の路線バス再編に伴い、3月末に廃止する市交通局(市営バス)の運行終了式が23日、同市白南風町のバス待合所横広場であり、92年の歴史に幕を閉じる市営バスに関係者らが別れを告げた。

    市営バスは1927年に運行を開始。67年には年間約4200万人が利用したが、マイカー普及などで近年は約2割に減少。運行効率化と交通網維持を目的に、市は市営バスの路線を西肥自動車(西肥バス)へ集約。西肥バスを中心に、一部路線を交通局子会社のさせぼバスが受託運行する一体化を進め、24日から新体制に移行する。

    終了式で朝長則男市長は「バス事業者と一体となり、地域公共交通の要を将来にわたり守る」とあいさつ。西肥自動車の山口健二社長は「路線とダイヤを守るため企業努力を重ねる。地域の協力もお願いしたい」と述べた。

    式に参加した同市神島町の塩田カエコさん(76)は「子どものころに右脚が骨髄炎となり、不自由になった私を市営バスはいつも助けてくれた。なくなるのは寂しいが、感謝の気持ちでいっぱい」と惜しんだ。

    長崎新聞社 3/24(日) 9:04
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190324-00000001-nagasaki-l42

    引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1553386925/

    【佐世保市営バス 運行終了 92年の歴史に幕 】の続きを読む

    このページのトップヘ